旅行記 広島県 歴史・文化・芸術 地域情報ポータルサイト ちよせ
このサイトについて 
トップ,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 食事処,gourmet,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 宿ホテル,hotel,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 名産,meisan,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 旅行記,report,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 写真,picture,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 質問,question,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真
広島県の旅行記【歴史・文化・芸術】

広島県の旅行記
広島 ,ひろしま美術館?ピーターラビット展?絵本の世界で出会った仲間たち♪
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
momonene
広島県の旅行時期
2017/06/02~" . 2017/06/02
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

ひろしま美術館?ピーターラビット展?絵本の世界で出会った仲間たち♪

ピーターラビットの作者「ビアトリクス・ポター」の生誕150周年を記念しての「ピーターラビット展」が、4月15日からひろしま美術館ではじまりました。 この特別展では、貴重な絵本の直筆原画やスケッチ、愛用の品々など200件以上の作品・資料を鑑賞することができます。 彼女の生涯に触れながら、「ピーターラビット」誕生からその物語が仲間のキャラクターと一緒に広がりを見せていく様子は、ほとんどが日本初の公開となります。 会場のひろしま美術館は、街中にあっても、広島中央公園の木々の緑に囲まれたなかにあり、県の登録博物館になっています。 その緑の庭で、「ピーターラビット展」開催期間には、たくさんのピーターの仲間達が出迎えをしてくれます。 そんな趣向を凝らした「ビアトリクス・ポター150周年ピーターラビット展」は、6月4日までの開催期間に多くの来場者で賑わいます。 その数は5万人を超えるそうです。
広島県の写真
広島県の旅行記 ひろしま美術館 1978年11月3日開館、広島県の...
広島県の写真
広島県の旅行記 6月2日晴れ 開催終了まであと二日と迫ったこの日、...
広島県の写真
広島県の旅行記 茶色のジャケットを着たピーターのいとこのベンジャミン...
広島県の写真
広島県の旅行記 広島中央公園の中にあるひろしま美術館 「りすのナト...
広島県の写真
広島県の旅行記 「パイがふたつあったおはなし」 黒い犬(女の子)の...
広島県の写真
広島県の旅行記 入場受付・入り口には緩やかなスロープがあります。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 エントランスから中庭に入ると、 木陰でお出迎えのこね...
広島県の写真
広島県の旅行記 中庭で。 新緑の木と青空をいっしょに一枚と思ったら...
広島県の写真
広島県の旅行記 エントランスから別館に続く屋根つきの通路は、「厳島神...
広島県の写真
広島県の旅行記 中庭にはキャラクターたちが総出のお出迎え。 ?...
広島県の写真
広島県の旅行記 別館の地下から展示のスタートです。 ここまで撮影で...
広島県の写真
広島県の旅行記 タマネギを包んだ布を抱えるピーターが「はじめまして」...
広島県の写真
広島県の旅行記 ?ビアトリクス・ポターは39歳で婚約するも1か月後に...
広島県の写真
広島県の旅行記 ひろしま美術館の本館 丸いドーム型の建物の本館は、...
広島県の写真
広島県の旅行記 本館の白を背景に、中庭のさつきと女性の像 ?ビ...
広島県の写真
広島県の旅行記 前庭に咲く「さつき」 「マロニエ」の木があります。
広島県の写真
広島県の旅行記 池には鯉が泳いでいます。さすがカープの本拠地。
広島県の写真
広島県の旅行記 会場を振り返っての一枚。国旗が並んでいます。 本館...
広島県の写真
広島県の旅行記 わたしも、用事があってこれから帰らなきゃいけないから...
広島県の写真
広島県の旅行記 編集後記は?ねこにさよなら? 植え込みの中に入って...
広島県の写真
広島県の旅行記 帰り道の午後1時前、美術館近くの駐車場で・・・ わ...
広島県の写真
広島県の旅行記 パリから来た由来のある「マロニエ」(西洋トチノキ)
広島県の写真
広島県の旅行記 女性像:「果物を持つ裸婦」アントワーヌ・ブールデル(...
広島県の旅行記
広島 ,2月4日(1933年) 日本国際連盟脱退、国際的な孤立の第一歩(砂布巾のLW 第2部その5)
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
砂布巾
広島県の旅行時期
2014/08/08~" . 2014/08/08
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

2月4日(1933年) 日本国際連盟脱退、国際的な孤立の第一歩(砂布巾のLW 第2部その5)

もくじへ http://4travel.jp/travelogue/10681693 (このページを訪問してくださった方へ)  ご訪問有難うございます。  もし読者の方が根本的間違い、編集の際に発生したと思われる不整合、文法上の誤りなどを発見されたり、何か目新しい情報をお持ちの方、ご意見がおありの場合は、ご遠慮なく掲示板でもメールでも、ご一報くだされば幸いです。  心からの感謝を込めて                          砂布巾 1933(昭和8)年2月4日 国際連盟脱退、国際的孤立の始まり(日本)  1931年9月18日の柳条湖事件を機に満州事変が勃発する。  日本の行動を非難する声がある一方で、英仏など列強は国内や欧州の問題に腐心しており、声高に日本を非難することは自らに火の粉が降りかかる恐れがあった。また日本は欧州外唯一の常任理事国として欧州問題の調停者としての役割を期待されていた面もあった。  1932年10月2日にリットン調査団による報告書が公表された。内容は満州国を承認せず、主権を中国に返還させるという一見日本に厳しいながら、現地経営を「国際管理」とし、そこに日本人顧問の起用を盛り込むなど、いわば中国が名を実は日本が取る内容だった。つまりこれ以上手を広げなければ、日本の行動を容認するというものだった。
広島県の旅行記
広島 ,日本100名城を巡る旅 ?福山城と広島城?
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
chickenheart
広島県の旅行時期
2015/09/27~" . 2015/09/27
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

日本100名城を巡る旅 ?福山城と広島城?

趣味の一つ"城巡り"。「日本100名城」を攻略中です。 2015年の城攻め第7弾は、日帰りで広島へ攻め込みました! 東京・羽田空港から広島空港へ飛び、レンタカーで福山城→広島城と巡りました。 本当はもっと余裕を持ったスケジュールで訪れたいのですが、そんなこと言っているといつになるか分かりませんので、毎度強行スケジュールで頑張っております!
広島県の写真
広島県の旅行記 広島空港からレンタカーを借り、まずは福山へ。 福山...
広島県の写真
広島県の旅行記 しっかり整備されていて登りやすい、歩きやすい道でした...
広島県の写真
広島県の旅行記 阿部正弘之像。 25歳で老中になったキレ者藩主だそ...
広島県の写真
広島県の旅行記 ナゾのスペース。 昔は入口のひとつだったそうな。な...
広島県の写真
広島県の旅行記 そして正面?へ回り込みました。伏見櫓が見えます。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 筋金御門。ここがメイン導線ですね。 伏見櫓ともども...
広島県の写真
広島県の旅行記 筋金御門を通り抜けると、開けた広場に出ます。 御殿...
広島県の写真
広島県の旅行記 アジア各国からの観光客が来ていて、天守閣の写真撮影に...
広島県の写真
広島県の旅行記 本丸広場にはこのような癒し風景も。 こういった場所...
広島県の写真
広島県の旅行記 そして天守閣間にある説明書き。 御勉強になりますね...
広島県の写真
広島県の旅行記 天守閣から周りを見渡していたら、不思議な建物を見つけ...
広島県の写真
広島県の旅行記 福山から移動すること約1時間。広島へ到着しました。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 敷地のちょうど中央あたりに、広島大本営の跡地がありま...
広島県の写真
広島県の旅行記 さらに奥、天守閣の方面へ足を進めるとこんなモノが。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 そして天守閣が見えて来ました。
広島県の写真
広島県の旅行記 昭和中期に再建された天守閣ですが、外観はもっと昔から...
広島県の写真
広島県の旅行記 天守閣の中も堪能したあとは、広島護国神社とその脇の売...
広島県の写真
広島県の旅行記 二ノ丸です。 太鼓櫓には大きな太鼓が置かれていまし...
広島県の写真
広島県の旅行記 表御門です。 ほとんどの方はこちらから入るので、コ...
広島県の写真
広島県の旅行記 最後に、堀を挟んで外側から天守閣を望む場所から撮影。...
広島県の旅行記
広島 ,妻の念願だった広島平和記念公園へ慰霊の旅に
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
ちょいデブおやじ
広島県の旅行時期
2017/07/16~" . 2017/07/18
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

妻の念願だった広島平和記念公園へ慰霊の旅に

私達夫婦も戦後生まれですが、矢張り日本人として「戦争の悲惨さを感じ」「犠牲になった方々への慰霊」の気持ちで一生に一度は訪れたいとの妻の希望で 沖縄「ひめゆりの塔」知覧特攻隊の「平和記念会館」に次いで行って参りました 1日目 10:50 新幹線JR新岩国駅到着 タクシーで錦帯橋へ 錦帯橋観光 12:15 錦帯橋から高速バスで広島バスセンターへ 13:15 バスセンターのあるsogo10Fフードコート「みっちゃん総本店 雅」で昼食 14:30 sogoからタクシーで「平和記念資料館」(歩ける距離ですが熱中症でギブアップ) 平和記念公園で慰霊 15:50 ANAクラウンプラザホテル広島 チェックイン 2日目 9:20 ANAホテル広島 チェックアウト 9:30 原爆ドーム見学 9:35 「世界遺産観光航路船」で宮島へ出発 10:20 宮島到着 厳島神社観光参拝 11:30 あなご飯「和田」さんで昼食 12:00 宮島から宮島口へJRで広島駅へ お土産購入 14:30 新幹線で広島をあとにしました 今回はもっとゆっくり平和記念公園で「慰霊の旅」にする予定でしたが、私 、他人事と考えていた「熱中症」になってギブ それでも短時間でしたが充実した旅行になりました。
広島県の写真
広島県の旅行記 新幹線JR新岩国駅に到着すると、錦帯橋までのバスの接...
広島県の写真
広島県の旅行記 この頃から何か日本人の存在が少なくなっていく感じ
広島県の写真
広島県の旅行記 錦帯橋を渡ると ソフトクリームの「むさし」さん
広島県の写真
広島県の旅行記 こちらは「佐々木小次郎商店」さん  どちらもソフトク...
広島県の写真
広島県の旅行記 お屋敷跡
広島県の写真
広島県の旅行記 ここから高速バスで広島バスセンターまで50分くらい ...
広島県の写真
広島県の旅行記 写真が突然飛びますが  広島バスセンター終点はは百貨...
広島県の写真
広島県の旅行記 子供達や孫達にも一度は見せておきたいな
広島県の写真
広島県の旅行記 毎年終戦記念日に花が手向けられる「慰霊碑」ですかね
広島県の写真
広島県の旅行記 こちらは平和記念公園から少し離れています(歩いてすぐ...
広島県の写真
広島県の旅行記 何とか目的を達成して ANAクラウンプラザホテル広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ひろしま世界遺産航路で宮島へ45分くらいです 発着は...
広島県の写真
広島県の旅行記 船から廿日市港当たり
広島県の写真
広島県の旅行記 宮島に到着です 予約した便より1本早い船に乗せて...
広島県の写真
広島県の旅行記 潮が引いて皆さん鳥居に触りに来ています。外人さんかな...
広島県の写真
広島県の旅行記 潮が引いた厳島神社、潮が満ちた時が見たくなるのは僕だ...
広島県の写真
広島県の旅行記 源平の時代こちらで能が舞われたのでしょうか 脳裏...
広島県の写真
広島県の旅行記 宮島なら「穴子飯」か「もみじ饅頭」か「牡蠣」が有名!...
広島県の写真
広島県の旅行記 穴子は天婦羅よりこちらの方が年齢的にさっぱりしていて...
広島県の写真
広島県の旅行記 JRの宮島フェリー乗り場 180円で宮島口へ ...
広島県の写真
広島県の旅行記 さて今回の旅行も最終 宮島口から広島駅に お土産...
広島県の旅行記
広島 ,日帰り弾丸広島旅行
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
shuuu1983
広島県の旅行時期
2017/07/16~" . 2017/07/16
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

日帰り弾丸広島旅行

無性にプラーベートで新幹線に乗りたくなった。 出張で新幹線に乗ったのでは味わえないあのワクワク感。 行き先は・・・広島にしよう。 朝起きて広島行きを決めた完全ノープランの旅です。 現地滞在時間5時間の弾丸旅行となりました。
広島県の写真
広島県の旅行記 旅のきっかけは、東京出張でした。 帰りに八重洲地下...
広島県の写真
広島県の旅行記 朝起きてから行き先を広島に決め、JR西のネット予約で...
広島県の写真
広島県の旅行記 ワクワク感をさらに増幅させるアイテム達。 駅弁は鹿...
広島県の写真
広島県の旅行記 在来線ホームに移動。 黄色い電車。 本日の弾...
広島県の写真
広島県の旅行記 宮島までは山陽本線で快速なら20分。 普通でも30...
広島県の写真
広島県の旅行記 鳩も行儀よく電車を待ってます。
広島県の写真
広島県の旅行記 山陽本線が全然来ないので、 山陽本線の倍以上の時間...
広島県の写真
広島県の旅行記 広電に乗車。 味のある路面電車です。 車掌さんが...
広島県の写真
広島県の旅行記 車内でウトウトしているうちに、 軌道線(路面電車)...
広島県の写真
広島県の旅行記 お?。 瀬戸内海が見えてきた。 きれい?。
広島県の写真
広島県の旅行記 広島駅から1時間少しで広電宮島口駅に到着。
広島県の写真
広島県の旅行記 広電宮島口駅から道路を渡れば、そこは宮島行きの乗船場...
広島県の写真
広島県の旅行記 お?。あれが厳島。 美しい?。
広島県の写真
広島県の旅行記 この山の形が独特。 こんな地形で毛利元就と村上水軍...
広島県の写真
広島県の旅行記 お?。厳島神社が見えた。 きれいすぎる。
広島県の写真
広島県の旅行記 山の形が独特でおもしろい。 まったく下調べなし...
広島県の写真
広島県の旅行記 乗船場に到着。 結構人が多い。
広島県の写真
広島県の旅行記 上陸! 他の日本三景に比べて人が多い印象。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 鹿さんは日陰で休憩中。
広島県の写真
広島県の旅行記 フェリー乗り場から厳島神社まではお店が充実。 歩い...
広島県の写真
広島県の旅行記 郵便局には歴史あるポスト。 実際に使われているよう...
広島県の写真
広島県の旅行記 オサレなモヒート屋さんがあったので、 レモンのモヒ...
広島県の写真
広島県の旅行記 フェリー乗り場から10分ほどで厳島神社に到着。
広島県の写真
広島県の旅行記 あ?。瀬戸内海。 瀬戸内海きれい。 そして、おだ...
広島県の写真
広島県の旅行記 そして社殿が見えてきた。 後ろの山とつくりだす景色...
広島県の写真
広島県の旅行記 もちろん中へ。 中は風が通って、涼しかった。 そ...
広島県の写真
広島県の旅行記 この雰囲気。 癒される・・・
広島県の写真
広島県の旅行記 厳島神社といえば鳥居。 めちゃめちゃきれい?。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 撮影スポットでは、撮影待ちの行列が。 カップルに混...
広島県の写真
広島県の旅行記 本殿。 赤がきれいです。
広島県の写真
広島県の旅行記 能楽堂かな。 潮が満ちると景色変わるんだろうなー。...
広島県の写真
広島県の旅行記 他にも見どころがたくさんありそうですが、 お好み焼...
広島県の写真
広島県の旅行記 帰りのフェリーに乗船。 今更ながらこれで日本三景コ...
広島県の写真
広島県の旅行記 広電では時間がかかるので、帰りは山陽本線にします。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 反対側のホームにレッドウイングが到着。 下り線は普...
広島県の写真
広島県の旅行記 上りのレッドウイングが到着。 しかも快速です。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 が・・・ 1駅移動したところで電車がストップ。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 広電で市内に向かいます。 西広島駅前で降りてタクシ...
広島県の写真
広島県の旅行記 もうすぐ広島駅です。 お好み焼きを食べる時間はもは...
広島県の写真
広島県の旅行記 広島駅に到着。 新幹線の発車時間までは20分です。...
広島県の写真
広島県の旅行記 お好み焼き屋さんはどこも行列(泣) しかし、今...
広島県の写真
広島県の旅行記 広電の車内でスマホで調べてたどり着いた切り札。 「...
広島県の写真
広島県の旅行記 「ピンチこそ 本領発揮 旅力」 新幹線の発車まで1...
広島県の写真
広島県の旅行記 帰りもプライベートで行く新幹線ホームの非日常感を堪能...
広島県の写真
広島県の旅行記 乗り込んだら、むさしで購入したお弁当。 これ、食べ...
広島県の写真
広島県の旅行記 お弁当の唐揚げ、めちゃめちゃ美味しかった。 あと、...
広島県の写真
広島県の旅行記 さらに山陽新幹線のワゴン販売で、獺祭購入。 ワゴン...
広島県の写真
広島県の旅行記 あっという間に広島駅に到着。 プライベートの新幹線...
広島県の写真
広島県の旅行記 往復で360円。運行間隔は10分に1本。 日本一の...
広島県の写真
広島県の旅行記 時間が無いのに駅でカープチューハイをゲット。 我な...
広島県の旅行記
広島 ,Solitary Journey [1792] 江戸時代から昭和の初期までに建てられた貴重な建物が混在しています。<御手洗建造物群保存地区>広島県呉市
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
MechaGodzilla?&703
広島県の旅行時期
2016/07/14~" . 2016/07/15
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

Solitary Journey [1792] 江戸時代から昭和の初期までに建てられた貴重な建物が混在しています。<御手洗建造物群保存地区>広島県呉市

■御手洗重要伝統的建造物群保存地区を歩く?江戸時代から昭和初期の町並み? 【 手記 】  今からちょうど1年前の旅日記です。ストレスの溜まる介護生活の合間を縫って、時間の制限はありますが、心身をリフレッシュするために、いつもどこかヘ出かけて行って、軽いウォーキングを心がけるようにしています。  この日のドライブルートは、おそらく呉市大和の塔⇒下蒲刈島⇒豊町大長町並み散策⇒御手洗町並み散策⇒豊島⇒呉市⇒東広島市でお好み焼き?だったように思います。と言うのも、1年前のことでもあり、これまでに出かけて行ったところが多すぎて、特に走り回った道路などは記憶がごちゃ混ぜ状態になっています。  この日は、先に豊町大長で町並みの散策をして、そのあとに御手洗の町を散策しました。アップ順が逆になりましたが、豊町大長の町並み散策記は後日アップする予定です。 ▽御手洗重要伝統的建造物群保存地区/広島県呉市豊町御手洗  御手洗(みたらい)は、瀬戸内海に浮かぶ大崎下島(広島県呉市)の港町です。大崎下島の東端に位置する御手洗は江戸時代以降、潮待ち・風待ちの港町として賑わいました。  現在も江戸後期から昭和初期の建物が数多く残ることから1994年(平成6年)に重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。(全国で38番目の選定)  御手洗という地名は、九州の太宰府に左遷された菅原道真が、都落ちの途中にこの小さな漁村で手を洗ったことに由来するといいます。  しかし、江戸時代初期までは人家もなく、大長村の枝村だったこの地になにゆえ、菅原道真が立ち寄ったのかは分かりません。  造船技術と航海技術が未熟だった江戸時代までは、陸の沿岸に沿って移動する”地乗り”が用いられており、この御手洗は瀬戸内海航路からは完全に外れていました。  やがて、今と同じ”沖乗り”という航法が開発されると、御手洗は潮まち、風待ちの港として注目されるようになります。  北前船を初め九州や四国の大名が参勤交代のときに寄港するようになると、大長村は御手洗の有用性に気が付き、船舶相手の諸商売を初め、藩に願い出て町場の建設認可を取りつけますした。  藩も御手洗港発展の為に保護や助成を行い、急速に一大商港として発展します。遊郭も旺盛になり、全国花街番付に入る町として、その賑わいは終戦まで続いたといいます。  その一つ、若蛭子屋は今も現存し御手洗会館とて使用されている上に、県の史跡にも指定されています。  御手洗の町並みは、江戸時代から明治、大正、昭和にかけて建てられた、さまざまな様式の建造物が入り乱れていますが、白壁に海鼠壁、千本格子の家並みは感動と驚きを覚えます。  近年、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され町並みは、修復と保存整備が行われいます。博物館のようにリフォームされた伝統的な町並みですが、今なお住民の生活の中にある事が重要です。  その町並みの中にある一軒の時計店。創業150年の歴史を誇るこの小さな島の小さな時計店は、国内外のあらゆる時計を「100%修理」する匠の技術をもった工房として、世界的にその名を知られた店なのです。数年先まで予約は埋まり、頻繁に修理受付制限を行うほどなのです。以前、この時計店が番組で紹介されておりました。  平成17年、御手洗は呉市に編入されますが、周辺の島々を含む大規模な架橋計画が本格的に動き始め、やがてこの島も陸路で結ばれる事になります。 【 近況 】 2017.07.07  先日、諸手続き・引っ越し等すべてのお役目が完了し、無事に義母を老人ホームへ入所させることができました。整備された医療介護の環境の中で生活できるので一安心しているところです。長かった介護の生活からやっと解放されました。  なので、一昨日(2017.07.05)から久しぶりに長距離走(山陰浜田?宍道湖?大山方面)へ出かけようかと思っておりましたが、何の因果か、島根県・広島県北部に何十年に一度しか出されないと言う「大雨特別警報」が出されました。線状降水帯・集中豪雨です!これでは出かけるのはとても無理、止む無く中止と相成りました。  それではということで、出発日をずらして、九州大好き人間ですから、またまた九州長崎?熊本?大分辺りへでも行こうかなと考えていたところ、今度は長崎県・熊本県に「大雨警報」、福岡県・大分県に「大雨特別警報」が出され、こちらも大変なことに!観光どころじゃありません。このところ頻繁に起きる天変地異、まるで地球が病気になっているようです。  それにしても、この地域は2016年4月に起こった熊本地震の傷跡も未だに大きく残っていて、まだまだ復旧・復興の真っ只中、今度は何十年に一度起こるか起こらないかと言う大雨被害、TVで見ていると氾濫した河川・濁流・家屋倒壊・浸水・土砂崩れ!など凄いことになっています。地震の次は大雨被害…九州北中部の住民の方にとっては正に悪夢です。被災者のことを思うと気の毒でなりません。
広島県の写真
広島県の旅行記 ■御手洗重要伝統的建造物群保存地区?江戸時代から昭和...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 ▽御手洗(みたらい)重要伝統的建造物群保存地区/広島...
広島県の写真
広島県の旅行記 【 追記 】  旅行記のアップ順が前後しております...
広島県の旅行記
広島 ,広島市現代美術館と蔦屋家電
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
suzuka。
広島県の旅行時期
2017/06/16~" . 2017/06/16
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

広島市現代美術館と蔦屋家電

 広島市現代美術館へ村野藤吾の特別展を見に行きました。館内の展示品は著作権の問題があるので撮影できませんが、現代美術館の建物は有名な建築家の黒川 紀章が設計した物です。  そして帰りには広島駅前に出来た新名所、蔦屋家電へ寄りました。広島らしくないお洒落な空間に家電や本だけでなく生活雑貨も素敵にディスプレイされて、とても楽しい空間になっていました。
広島県の写真
広島県の旅行記 宮島名物?の揚げもみじが、広島駅で食べられます。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 現代美術館へ行くため、広電で比治山下へ向かいます。運...
広島県の写真
広島県の旅行記 比治山下電停に着きました。通りの向こうには猿猴川が見...
広島県の写真
広島県の旅行記 アクセス案内によると、電停から徒歩7?8分程の道。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 現代美術館の手前にいた、エサを拾っているカラスとそれ...
広島県の写真
広島県の旅行記 「彫刻の丘」と名付けられた場所。木の向こうに見え隠れ...
広島県の写真
広島県の旅行記 おなじく「彫刻の丘」にあった作品。 これを撮影して...
広島県の写真
広島県の旅行記 振り返るとネコさんがいました。かなり近づいて撮っても...
広島県の写真
広島県の旅行記 ようやく広島市現代美術館の建物が見えて来ましたよ。
広島県の写真
広島県の旅行記 美術館正面
広島県の写真
広島県の旅行記 美術館の正面にあるムーアの広場。 奥に見えるアーチ...
広島県の写真
広島県の旅行記 ムーアの広場の端から見渡せる、比治山周辺の町並み。
広島県の写真
広島県の旅行記 ムーアの広場と美術館の間の階段は新旧ふたつの階段。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 入り口前の空間。 アプローチプラザというらしいです...
広島県の写真
広島県の旅行記 アプローチプラザからムーア側へ振り返ってみる。
広島県の写真
広島県の旅行記 奥にはカフェもあるようです。
広島県の写真
広島県の旅行記 美術館の外に出て彫刻の小道と呼ばれる場所を歩きます。
広島県の写真
広島県の旅行記 生い茂る緑にかこまれたEVE。リンゴを手に持っていま...
広島県の写真
広島県の旅行記 この像の作者は佐藤忠良(さとう ちゅうりょう) 見...
広島県の写真
広島県の旅行記 見下ろすと階段モニュメントがあります。かっこいいです...
広島県の写真
広島県の旅行記 美術館の外壁に沿って歩いていると中途半端な階段が現れ...
広島県の写真
広島県の旅行記 小窓を覗いてみると、なんという事でしょう! 光庭と...
広島県の写真
広島県の旅行記 まるでお城の石垣のように見える美術館の外壁。なんだか...
広島県の写真
広島県の旅行記 すぐ近くの橋を渡ると比治山スカイウォーク
広島県の写真
広島県の旅行記 比治山スカイウォークとはなんぞや?と思ったら見晴らし...
広島県の写真
広島県の旅行記 スカイウォークからよく見えます。幼稚園らしき場所に何...
広島県の写真
広島県の旅行記 まだ「まんが図書館」を見ていない。 エスカレーター...
広島県の写真
広島県の旅行記 先ほど見下ろしていた階段モニュメントの前に来ました。...
広島県の写真
広島県の旅行記 階段モニュメントの向かいに、まんが図書館があります。...
広島県の写真
広島県の旅行記 現代美術館の周囲はネコちゃんが多いですね。
広島県の写真
広島県の旅行記 まんが図書館のすぐ正面がバス停なのでバスで広島駅まで...
広島県の写真
広島県の旅行記 広島駅前に来ました。
広島県の写真
広島県の旅行記 蔦屋家電です。広島駅から地下連絡通路で来たので建物の...
広島県の写真
広島県の旅行記 店内は撮影できないと思っていたら、一階には撮影OKの...
広島県の写真
広島県の旅行記 撮影OKのレトロな洗濯機。
広島県の写真
広島県の旅行記 そして撮影OKのレトロな冷蔵庫。
広島県の写真
広島県の旅行記 これら3つの撮影OKのレトロな家電たちは、実は朝ドラ...
広島県の写真
広島県の旅行記 昔の洗濯機はローラーを手動で回して洗濯物を脱水してい...
広島県の写真
広島県の旅行記 ご当地モケケの広島県バージョンにカープ柄を発見したの...
広島県の写真
広島県の旅行記 帰りに広島駅で買いました。 広島のお土産お菓子とい...
広島県の写真
広島県の旅行記 館内の展示は撮影しなかったので、持ち帰って撮ったチケ...
広島県の写真
広島県の旅行記 イオンのおかげで昼食を安くすます事ができました。セル...
広島県の旅行記
広島 ,新球場完成記念! 広島旅行 2日目
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
ドルフィンズ11番
広島県の旅行時期
2010/03/21~" . 2010/03/22
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

新球場完成記念! 広島旅行 2日目

野球観戦の翌日は、広島観光です。 船を利用することで、1日で呉と宮島を巡ることができました。 ※過去に自分のホームページに掲載していたものの転載です。文面も当時のままですので、古い情報があるかもしれませんが、ご了承ください。
広島県の写真
広島県の旅行記 2日目は、少し足を伸ばします。 呉の「大和ミュ...
広島県の写真
広島県の旅行記 零戦も展示されています。
広島県の写真
広島県の旅行記 揚げもみじまんじゅう これはうまかった!!
広島県の写真
広島県の旅行記 そして焼きガキ めちゃくちゃうまい!!!!
広島県の写真
広島県の旅行記 宮島の目当てはこれ! あなご飯
広島県の写真
広島県の旅行記 鹿さん
広島県の写真
広島県の旅行記 さらに、食い物もう一丁 もみじまんじゅうソフト
広島県の写真
広島県の旅行記 大和ミュージアムより楽しかったのは、 海上自衛隊呉...
広島県の写真
広島県の旅行記 こちらは、平清盛が開いた 音戸の瀬戸
広島県の写真
広島県の旅行記 少し時間が余りそうだったので、 船で宮島に行く...
広島県の写真
広島県の旅行記 平家の行列… お祭りだったらしいです。
広島県の写真
広島県の旅行記 厳島神社
広島県の写真
広島県の旅行記 というわけで、大変おいしい旅行になりました(笑) ...
広島県の旅行記
広島 ,7月13日(2004年)カルロス・クライバー死去 無人島シリーズ第2位 ベートーヴェン  交響曲第7番 持って行くのはアーノンクールより何と言ってもカルロス・クライバー 動画付き
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
砂布巾
広島県の旅行時期
2006/11/05~" . 2006/11/05
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

7月13日(2004年)カルロス・クライバー死去 無人島シリーズ第2位 ベートーヴェン 交響曲第7番 持って行くのはアーノンクールより何と言ってもカルロス・クライバー 動画付き

 礼子姉ちゃん夫妻に切符をもらい、「のだめ」で一躍有名になったベートーヴェン交響曲第7番。「この曲を聴きながらだったら天国に行っても良い」モーツァルトの交響曲39番の演奏会を聴きに出かけました。  ウィーン・フィルの実演は小澤征爾指揮による「リンツ」「マーラーの交響曲第4番」を広島で聴いて以来2回目。  蛇足ながら砂布巾の身近な人は「のだや」です
広島県の写真
広島県の旅行記  開演前メンバーが気軽に写真撮影に応じてくれました。
広島県の写真
広島県の旅行記  開演前の広島厚生年金会館ホール。音楽用語に詳しくは...
広島県の写真
広島県の旅行記  演奏終了後、マエストロがサイン会を終えて出てきたと...
広島県の写真
広島県の旅行記  平和公園前を歩くマエストロ。付き添いの人が無線で「...
広島県の写真
広島県の旅行記  でもやっぱり私にとってベト7の一番好きな演奏はカル...
広島県の写真
広島県の旅行記  アーノンクール氏のサイン。
広島県の写真
広島県の旅行記 クライバー指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ(ロイ...
広島県の写真
広島県の旅行記 この曲との最初の出会いが1975年3月のカール・ベー...
広島県の写真
広島県の旅行記 彼のダイナミックな指揮ぶりは有名ですが、敢えてオーラ...
広島県の写真
広島県の旅行記  目力!
広島県の旅行記
広島 ,はじめに(砂布巾のLW)+広島を訪問したノーベル平和賞受賞者
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
砂布巾
広島県の旅行時期
2014/08/29~" . 2014/08/29
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

はじめに(砂布巾のLW)+広島を訪問したノーベル平和賞受賞者

                は じ め に  子どもの頃から海外、特にドイツへの憧れがあった。最初の海外旅行が1984年大学3年時に参加した西ドイツ(当時)でのホームステイを主とするツアーだった。この時周囲を壁で囲まれた「陸の孤島」西ベルリンを訪問し、考えさせられるものがあった。 *右は夏目漱石ではありません (このページを訪問してくださった方へ)  ご訪問有難うございます。  もし読者の方が根本的間違い、編集の際に発生したと思われる不整合、文法上の誤りなどを発見されたり、何か目新しい情報をお持ちの方、ご意見がおありの場合は、ご遠慮なく掲示板でもメールでも、ご一報くだされば幸いです。  心からの感謝を込めて                          砂布巾
広島県の写真
広島県の旅行記 *宮島大聖院のダライ・ラマ師(朝青竜も来ていた) 残...
広島県の写真
広島県の旅行記 *南アフリカ ツツ大主教 オーラが凄い 握手はしても...
広島県の写真
広島県の旅行記 *原爆ドームを見上げるバングラデシュ グラミン銀行総...
広島県の写真
広島県の旅行記 *翌日の中国新聞  砂布巾がさり気なく写ってます ...
広島県の写真
広島県の旅行記  ソ連書記長にゴルバチョフが就任した4年後、消費財が...
広島県の旅行記
広島 ,【2015年9月】岡山・広島旅行(3)鞆の浦・尾道編
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
nanko
広島県の旅行時期
2015/09/20~" . 2015/09/25
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

【2015年9月】岡山・広島旅行(3)鞆の浦・尾道編

妊娠6か月の頃の旅行記です。 3日目は鞆の浦と尾道に行ってきました。 私は今まで高知、長崎、京都、鹿児島高千穂峰と坂本龍馬ゆかりの地巡りをしてきました。 鞆の浦は坂本龍馬が関わった「いばろは丸事件」があった場所なので行ってきました。 尾道は港町の雰囲気が私も旦那もお気に入りの思い出の地です。
広島県の写真
広島県の旅行記 こちらの路線バスを利用しました。 途中運転手さんが...
広島県の写真
広島県の旅行記 昔ながらの魚屋さんの雰囲気がよかったので写真をパチリ...
広島県の写真
広島県の旅行記 次に立ち寄ったのは無料で入れる鞆の津の商家です。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 こちらが鞆の浦一番の絶景! もっと引いて撮ったほう...
広島県の写真
広島県の旅行記 対潮楼の座敷です。 ここからの海の眺めが美しいとの...
広島県の写真
広島県の旅行記 仙酔島に着きました。
広島県の写真
広島県の旅行記 遊歩道を途中まで歩いてみました。 島内には宿泊施設...
広島県の写真
広島県の旅行記 海水浴場では家族連れが楽しんでました。
広島県の写真
広島県の旅行記 ヒトデ発見!
広島県の写真
広島県の旅行記 常夜燈のそばにある「いろは丸展示館」です。 江戸時...
広島県の写真
広島県の旅行記 階段の上には坂本龍馬が隠れてた部屋が再現されています...
広島県の写真
広島県の旅行記 いたー!龍馬さん。
広島県の写真
広島県の旅行記 艮神社にずっと寝ているにゃんこが。 クロちゃんとい...
広島県の写真
広島県の旅行記 港が眺められる休憩スペースでしばしぼーっとしてました...
広島県の写真
広島県の旅行記 尾道と言えば「からさわ」のアイスクリーム。
広島県の写真
広島県の旅行記 尾道駅から福山駅に戻ります。
広島県の写真
広島県の旅行記 夕暮れの尾道。
広島県の写真
広島県の旅行記 福山駅からバスに乗って鞆の浦へやってきました。
広島県の写真
広島県の旅行記 バス停の近くにある観光情報センターには宮崎駿さん、高...
広島県の写真
広島県の旅行記 坂本龍馬が滞在していたという桝屋清右衛門宅。 中に...
広島県の写真
広島県の旅行記 鞆の浦の名産、「保命酒」のお店です。 健康によいお...
広島県の写真
広島県の旅行記 家の中にはこんな蔵もありました。
広島県の写真
広島県の旅行記 鞆の浦は細い道に趣のある建物が連なって建っていて、路...
広島県の写真
広島県の旅行記 この福禅寺に隣接している対潮楼は鞆の浦で有名な撮影ス...
広島県の写真
広島県の旅行記 鞆の浦から渡し船で5分で行ける仙酔島に向かいました。...
広島県の写真
広島県の旅行記 再び渡し船に乗って鞆の浦のシンボル「常夜燈」がある方...
広島県の写真
広島県の旅行記 坂本龍馬やいろは丸についての展示がありました。
広島県の写真
広島県の旅行記 常夜燈の周りは観光客でいっぱいでした。 ここでしば...
広島県の写真
広島県の旅行記 鞆の浦をぶらりとした後、路線バスに乗って福山駅に戻り...
広島県の写真
広島県の旅行記 福山駅からは電車に乗って尾道へ移動しました。
広島県の写真
広島県の旅行記 尾道についてまずはお昼ご飯。 尾道ラーメンが食べら...
広島県の写真
広島県の旅行記 朱華園は3回目です。 前回から6年ぶりで店内は改装...
広島県の写真
広島県の旅行記 尾道ラーメン! 最初ほどの衝撃はないけどやっぱり美...
広島県の写真
広島県の旅行記 腹ごしらえのあとは尾道ぶらぶら。 猫の細道は何回通...
広島県の写真
広島県の旅行記 猫の細道近くにあった艮神社。 境内には立派な楠があ...
広島県の写真
広島県の旅行記 コーヒーとカフェオレを頼んでいただきました。 店内...
広島県の写真
広島県の旅行記 商店街のほうへ行ってカフェでも休むことにしました。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 渡し船の乗り場です。 しまなみ海道の出発地点ですね...
広島県の写真
広島県の旅行記 昔ながらの素朴な味わいです。
広島県の写真
広島県の旅行記 そろそろ夜ご飯ですが、お昼を食べたのが夕方近くだった...
広島県の写真
広島県の旅行記 やっぱりあきらめられず、持ち帰りOKのお好み焼き屋さ...
広島県の写真
広島県の旅行記 2人でお好み焼きを分け合って食べました。 ビールは...
広島県の旅行記
広島 ,Solitary Journey [1886] 御粧しした小っちゃな子どもたちが着物姿で町並み保存地区を練り歩き?♪<竹原こども雛めぐり>広島県竹原市
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
MechaGodzilla?&703
広島県の旅行時期
2017/03/05~" . 2017/03/05
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

Solitary Journey [1886] 御粧しした小っちゃな子どもたちが着物姿で町並み保存地区を練り歩き?♪<竹原こども雛めぐり>広島県竹原市

■竹原こども雛めぐり 小っちゃな子どもたちが着物姿で町並みを練り歩き?♪  ご存知のとおり、竹原は『安芸の小京都』と呼ばれ、古都の情緒と歴史の香りが町の隅々に散りばめられた町です。  江戸時代製塩業で栄え、頼春水・春風・杏坪を排出するなど、高度な町人文化を生み出しました。現在、竹原市内で所蔵される明治・大正・昭和の雛人形は、その頃の文化の香りを今に伝えています。  町並み保存地区一帯の古い建物にひな人形を並べる「町並み雛(ひな)めぐり」が始まりました。 ?子ども達が着物姿で町並みを練り歩き/広島県竹原市?  日程:3月5日(日)11:00? 場所:町並み保存地区一帯 【 手記 】  何度も何度も訪れている竹原の町ですが、この日は町並み保存地区一帯で「こども雛めぐり」が行われるということでまたまた行って参りましたー。  まあ、きれいな着物に包まれたおめかししたちっちゃなお子さんたちが練り歩く姿、かわいかったですよおー。
広島県の写真
広島県の旅行記 ■広島市の自宅にて 長寿梅  何度も何度も訪れてい...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  自宅から...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  お雛さま
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  あー!や...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  こども雛...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  竹鶴酒造...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  着物姿の...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  平安時代...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  町並み保...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  製塩地と...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  最古の建...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  頼惟清は...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  県史跡 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  県史跡 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  県史跡 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  県史跡 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  県史跡 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  県史跡 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  県史跡 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  歴史民族...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  歴史民族...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  ?子ども...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  以上で「...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  町並みに...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  昭和57...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  江戸時代...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  今昔。歴...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  佐倉酒店
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  佐倉酒店...
広島県の写真
広島県の旅行記 ∇たけはら町並み保存地区/広島県竹原市  昨年訪れ...
広島県の旅行記
広島 ,両親と娘と広島旅行 その3
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
のび
広島県の旅行時期
2017/03/14~" . 2017/03/17
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

両親と娘と広島旅行 その3

旅行二日目 宮島を後にして尾道に向かいます 短い時間でしたが坂の街尾道を堪能してきました
広島県の写真
広島県の旅行記 黄色い電車で尾道へ向かいます。 途中乗継しまし...
広島県の写真
広島県の旅行記 14時30分ごろ尾道着 坂の街 細い路地とか...
広島県の写真
広島県の旅行記 尾道は七佛めぐりとかがあるくらいお寺が多い街 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 あちこちに猫ちゃん
広島県の写真
広島県の旅行記 本当に猫の多い街でした。 猫好きにはたまらない...
広島県の写真
広島県の旅行記 尾道新道 風情があります 坂と下に見える...
広島県の写真
広島県の旅行記 尾道でどこか喫茶店に入りたいと調べてきました。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 貸切状態だったのでゆっくりすることができました
広島県の写真
広島県の旅行記 窓際の席でのんびり
広島県の写真
広島県の旅行記 桜の紅茶をいただきます
広島県の写真
広島県の旅行記 帆雨亭から少し登ると公園のようなところに出ました。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 ここにも喫茶店 この喫茶店は海を見ながらコーヒ...
広島県の写真
広島県の旅行記 かなりキツイ・・・ 足も手もがくがくです。...
広島県の写真
広島県の旅行記 千光寺
広島県の写真
広島県の旅行記 この後ロープウエイ使って下まで降りました。 本...
広島県の写真
広島県の旅行記 あっという間に下まで降りて、御袖天満宮へ 迷わ...
広島県の写真
広島県の旅行記 此処が有名な階段落ち 二人が入れ替わるところで...
広島県の写真
広島県の旅行記 お参りして帰りました
広島県の写真
広島県の旅行記 ロープウェイの下にある神社でうろうろ 猫の石見...
広島県の写真
広島県の旅行記 このクスノキはものすごく大きかったです
広島県の写真
広島県の旅行記 ロープウェイは最終に乗って上がりました。 あん...
広島県の写真
広島県の旅行記 本日の宿千光寺山荘に向かいます 雲間から光が漏...
広島県の写真
広島県の旅行記 千光寺山荘
広島県の写真
広島県の旅行記 本日のお部屋 窓からの眺めが素敵
広島県の写真
広島県の旅行記 尾道水道 絵になる?
広島県の写真
広島県の旅行記 夕食前にお風呂に入りました こちらのお風呂から...
広島県の写真
広島県の旅行記 オコゼのから揚げ こちらの名物みたいなんで食べてみ...
広島県の写真
広島県の旅行記 アナゴ飯
広島県の写真
広島県の旅行記 月がでてきました。 本当にきれいな尾道水道 ...
広島県の旅行記
広島 ,両親と娘と広島旅行 その2
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
のび
広島県の旅行時期
2017/03/14~" . 2017/03/17
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

両親と娘と広島旅行 その2

両親との旅行二日目です 朝早い時間は娘と二人で宮島のお寺や神社を回りました。 満潮の時間に合わせて両親と厳島神社へ 午後は私の一番今回楽しみにしていた尾道です
広島県の写真
広島県の旅行記 早朝 お月様が出ていました。 娘と先に支...
広島県の写真
広島県の旅行記 早朝の静かな宮島
広島県の写真
広島県の旅行記 ひんやしとしています
広島県の写真
広島県の旅行記 この道の向こうに 大聖院 御本尊が波切不...
広島県の写真
広島県の旅行記 大願寺 日本三大弁財天 どちらでも御...
広島県の写真
広島県の旅行記 そして、こちら 豊国神社へ
広島県の写真
広島県の旅行記 朝の時間帯だったのでお掃除をしていました 主祭...
広島県の写真
広島県の旅行記 お堂から大きな銀杏の木が見えて 秋にはさぞかしきれ...
広島県の写真
広島県の旅行記 この日は晴れたり雨が降ったりで本当に冷えました。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 やっぱり朝はコーヒー飲みたい!!
広島県の写真
広島県の旅行記 あと、ぺったらぽったらっていう牡蠣のおにぎり ...
広島県の写真
広島県の旅行記 満潮の時間に合わせて厳島神社参拝
広島県の写真
広島県の旅行記 何枚も写真撮っちゃった
広島県の写真
広島県の旅行記 海の中の鳥居
広島県の写真
広島県の旅行記 海の色が本当にきれい
広島県の写真
広島県の旅行記 そろそろ時間なので・・・ フェリー乗り場へ向か...
広島県の写真
広島県の旅行記 宮島口の駅前にあった像 帰ってきちゃった ...
広島県の旅行記
広島 ,両親と娘と広島旅行
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
のび
広島県の旅行時期
2017/03/14~" . 2017/03/17
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

両親と娘と広島旅行

両親と娘と私の4人で広島旅行に行ってきました 今回の目的は、宮島で満潮と干潮の両方見ること、しまなみ海道を渡ること、 それとお城めくりです まず一日目は広島観光夕方宮島に入ります。
広島県の写真
広島県の旅行記 地元を始発で出発 東京発7時10分ののぞみに乗...
広島県の写真
広島県の旅行記 朝食はいつも駅でサンドイッチ買います。 両親も...
広島県の写真
広島県の旅行記 11時過ぎに広島について調べておいたお店「麗ちゃん」...
広島県の写真
広島県の旅行記 四つ頼んで分けっこして食べました。 もっとこっ...
広島県の写真
広島県の旅行記 食後は時間の節約でタクシーです 広島城へ行...
広島県の写真
広島県の旅行記 広島城 中は色々な展示がされていました ...
広島県の写真
広島県の旅行記 横に回ると桜の木がたくさんありました。 桜...
広島県の写真
広島県の旅行記 こちらは二の丸の方に回って表御門 こちらも...
広島県の写真
広島県の旅行記 川ごしの原爆ドーム 良い所に連れてきていただけ...
広島県の写真
広島県の旅行記 本当にぎりぎり間に合いました。 父がそろそ...
広島県の写真
広島県の旅行記 広島発15時15分の電車に乗ってフェリー乗り場へ ...
広島県の写真
広島県の旅行記 雲の合間から日差しが漏れて、海がキラキラしてとてもき...
広島県の写真
広島県の旅行記 鳥居が見えてきました。 やっと来ました ...
広島県の写真
広島県の旅行記 船を降りると鹿さんがお出迎え こちらの鹿さ...
広島県の写真
広島県の旅行記 本当ならここで「天心閣」というお店で景色を見ながらお...
広島県の写真
広島県の旅行記 干潮の時間になったので、鳥居の下まで行ってきました
広島県の写真
広島県の旅行記 鳥居に書いてある文字が表と裏では違うんです!!
広島県の写真
広島県の旅行記 鳥居から海側では潮干狩りをしている人がいました。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 そして鳥居の下も潜ったし、早目ですが夕食をとりに、ま...
広島県の写真
広島県の旅行記 生ビール半額で350円 美味しかった
広島県の写真
広島県の旅行記 カキフライ こちらのカキフライがこの旅行でベス...
広島県の写真
広島県の旅行記 アナゴの陶箱飯1950円
広島県の写真
広島県の旅行記 牡蠣の陶箱飯1950円 半分こで両方食べました...
広島県の写真
広島県の旅行記 お腹いっぱい食べて夕暮れの中本日の宿へ
広島県の写真
広島県の旅行記 ホテルさくらや 安さで選んだ感じはあるんですが...
広島県の写真
広島県の旅行記 部屋からの景色 どこから何を見ても絵になる ...
広島県の写真
広島県の旅行記 かなり疲れがたまっているんですが、もうひと頑張り ...
広島県の写真
広島県の旅行記 夢のような一日でした。
広島県の旅行記
広島 ,2017年6月 広島の旅 第2日 宮島、広島
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
たぁ坊
広島県の旅行時期
2017/06/10~" . 2017/06/11
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

2017年6月 広島の旅 第2日 宮島、広島

第2日は、宮島を訪ねます! 第2日:広島?宮島口?渡船?宮島・厳島神社?宝物館?渡船?宮島口?広電?広島・原爆ドーム?お好み村
広島県の写真
広島県の旅行記 第2日、広島の朝。 美味しい朝食!
広島県の写真
広島県の旅行記 JRで宮島口まで行き、渡船で宮島に渡ります!
広島県の写真
広島県の旅行記 出航!
広島県の写真
広島県の旅行記 私は前世はカッパだが、なぜか今世では泳げないので、実...
広島県の写真
広島県の旅行記 厳島神社だ! 前回来た時は干潮でちょっと残念だ...
広島県の写真
広島県の旅行記 宮島に上陸! 厳島神社を今のような形にした平清...
広島県の写真
広島県の旅行記 日本三景です。
広島県の写真
広島県の旅行記 行儀良く屋台に並ぶ鹿。
広島県の写真
広島県の旅行記 「しけた顔して、どうせ何もくれないんだろ。」
広島県の写真
広島県の旅行記 「しょうがないから、草でも食うわ。」
広島県の写真
広島県の旅行記 海に浮かぶ大鳥居。
広島県の写真
広島県の旅行記 海に浮かぶ大鳥居。
広島県の写真
広島県の旅行記 厳島神社の社殿。
広島県の写真
広島県の旅行記 参拝します。
広島県の写真
広島県の旅行記 海に浮かぶ社殿。
広島県の写真
広島県の旅行記 五重塔が見える。
広島県の写真
広島県の旅行記 本殿。
広島県の写真
広島県の旅行記 記念撮影の行列。
広島県の写真
広島県の旅行記 正面から見る大鳥居。 舟との比較で大きさがわか...
広島県の写真
広島県の旅行記 赤い額縁に入れてみる。
広島県の写真
広島県の旅行記 いい感じ!
広島県の写真
広島県の旅行記 飲みたい。
広島県の写真
広島県の旅行記 能舞台。 舞いたい。
広島県の写真
広島県の旅行記 宝物館を見学します。 貴重な宝物は、ほとんどレ...
広島県の写真
広島県の旅行記 豊臣秀吉の命で着工したが、秀吉の死により中止になった...
広島県の写真
広島県の旅行記 千畳閣。
広島県の写真
広島県の旅行記 上から厳島神社。
広島県の写真
広島県の旅行記 風格ある商店。
広島県の写真
広島県の旅行記 にぎやかな商店街。
広島県の写真
広島県の旅行記 かき! 今回は食べなかった。。。
広島県の写真
広島県の旅行記 ネコと・・・
広島県の写真
広島県の旅行記 しゃもじ。
広島県の写真
広島県の旅行記 「いちいち見送らねぇよ。」
広島県の写真
広島県の旅行記 宮島を後にします。 後ろの山並みの弥山は、昔、...
広島県の写真
広島県の旅行記 本土に接岸。
広島県の写真
広島県の旅行記 帰りは広電に乗ってみよう。
広島県の写真
広島県の旅行記 宮島口から広電に乗るのは初めてです! 広島市街...
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドーム前で降りました。
広島県の写真
広島県の旅行記 相生橋を走る路面電車。
広島県の写真
広島県の旅行記 相生橋からの眺め。
広島県の写真
広島県の旅行記 折り鶴。
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆の子の像。
広島県の写真
広島県の旅行記 被爆した墓石。
広島県の写真
広島県の旅行記 平和の灯。
広島県の写真
広島県の旅行記 平和祈念館で心静かに追悼する。
広島県の写真
広島県の旅行記 お好み村に来ました!
広島県の写真
広島県の旅行記 広島風お好み焼き!
広島県の写真
広島県の旅行記 最後に原爆ドームを目に焼き付けてから帰ります。
広島県の写真
広島県の旅行記 路面電車で帰ります。
広島県の写真
広島県の旅行記 広島駅。
広島県の写真
広島県の旅行記 懸命の復旧により、被爆の翌日には、列車が走ったそうだ...
広島県の写真
広島県の旅行記 夫婦あなごめしと宮島ビールで乾杯!
広島県の写真
広島県の旅行記 デザートは、もちろんこれ!
広島県の旅行記
広島 ,うさぎ島へ行こう!?戦争と平和が同居する島(5日目午前)
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
napa
広島県の旅行時期
2017/05/02~" . 2017/05/07
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

うさぎ島へ行こう!?戦争と平和が同居する島(5日目午前)

子どもたちに和歌山パンダランド(アドベンチャーワールドのことです)とうさぎ島、どっちに行きたい?と聞いたら迷わずうさぎ島との答え。うさぎならうちでも飼っているので毎日見ているはずなのに・・・パンダのように白黒の牛がたくさんいる我が家、パンダは見飽きてる!? 5/2 直行便で広島へ 5/3 秋芳洞、別府弁天池、青海島巡り 5/4 元乃隅稲成神社、ムーバレー 5/5 世界遺産・宮島 5/6 うさぎ島、トムミルクファーム、尾道街歩き 5/7 北海道へ
広島県の写真
広島県の旅行記 今日も混雑を避け早朝の出発。 途中、道ばたでお...
広島県の写真
広島県の旅行記 忠海港。事前に大三島フェリーの時間は調べてあったので...
広島県の写真
広島県の旅行記 三角コーンにもうさぎのイラスト。 忠海港の駐車...
広島県の写真
広島県の旅行記 大久野島の桟橋に着くとまず目についたのが防空壕跡。
広島県の写真
広島県の旅行記 幹部用とのことで確かに堅牢な作りになっています。70...
広島県の写真
広島県の旅行記 藤棚とうさぎ写真家のお兄さん。 広島周辺で高速...
広島県の写真
広島県の旅行記 誰かがくれたキャベツ。
広島県の写真
広島県の旅行記 人を見つけるとおねだりに寄ってくるうさぎちゃんたち、...
広島県の写真
広島県の旅行記 明らかに横穴を人工的にふさいだ痕跡。崩落の危険がある...
広島県の写真
広島県の旅行記 島のあちこちには水飲み用の白いお皿が置かれていました...
広島県の写真
広島県の旅行記 子うさぎもいるかなと楽しみにしていたのですが、今年は...
広島県の写真
広島県の旅行記 ツタに覆われた研究施設。
広島県の写真
広島県の旅行記 自動交換機室跡。
広島県の写真
広島県の旅行記 現在は700羽ともいわれるうさぎたちが平和に暮らして...
広島県の写真
広島県の旅行記 つつじの花を食べるうさぎちゃん。今は平和そのもののう...
広島県の写真
広島県の旅行記 何かちょうだい!
広島県の写真
広島県の旅行記 島全体が柔らかい砂岩の丘陵で戦時中壕を掘るのにも、う...
広島県の写真
広島県の旅行記 巣穴の前でくつろぐうさぎちゃん。
広島県の写真
広島県の旅行記 崖下の斜面にたくさん巣穴が開いています。
広島県の写真
広島県の旅行記 桟橋から少し北に進むと発電場跡の建物が残されています...
広島県の写真
広島県の旅行記 戦時中のものでしょうか、「喫煙許可」の文字。
広島県の写真
広島県の旅行記 窓のガラスはすべて落ち、がらんどうになった発電場跡。...
広島県の写真
広島県の旅行記 そんな廃墟の前で戯れるうさぎたち。
広島県の写真
広島県の旅行記 ツタに覆われ劣化が進んだ構築物。外壁の一部が青いのは...
広島県の写真
広島県の旅行記 10時半発のフェリーで戻ります。小さな島ですが桟橋が...
広島県の写真
広島県の旅行記 忠海に戻ってきました。駅も港もありますが、静かなたた...
広島県の写真
広島県の旅行記 フェリーターミナルはおしゃれなカフェにもなっています...
広島県の写真
広島県の旅行記 時間に余裕があったので、トムミルクファームさんに立ち...
広島県の写真
広島県の旅行記 怖い顔の牛。
広島県の写真
広島県の旅行記 ろば。牛はもちろん、たくさんの動物がいました。
広島県の写真
広島県の旅行記 ミニブタのくろちゃんと羊のむーちゃん。
広島県の写真
広島県の旅行記 うさぎちゃん。子うさぎも生まれていました。
広島県の写真
広島県の旅行記 山羊の親子。
広島県の写真
広島県の旅行記 育成牛、みんな寝ています。居心地がよい証拠です。
広島県の写真
広島県の旅行記 産休牛の家。
広島県の写真
広島県の旅行記 お産の近い、お腹の大きな牛さんたちがいました。
広島県の写真
広島県の旅行記 搾乳牛の家。ふかふかの寝床にきれいな牛たち。雪が積も...
広島県の写真
広島県の旅行記 牛のイラストのカレンダーを眺めながら牛乳をいただきま...
広島県の写真
広島県の旅行記 牛柄屋根のファーマーズマーケット。ジェラートが十種類...
広島県の写真
広島県の旅行記 忠海から大久野島経由でフェリーが向かう大三島がすぐ近...
広島県の写真
広島県の旅行記 発電場跡が見えます。山の上の鉄塔は忠海と大久野島を結...
広島県の旅行記
広島 ,第二十六章あみんちゅ戦争を学ぶ旅?呉・旧海軍墓地を訪ねて?
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
たかちゃんティムちゃんはるおちゃん・ついでにおまけのまゆみはん。
広島県の旅行時期
2017/04/19~" . 2017/05/17
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

第二十六章あみんちゅ戦争を学ぶ旅?呉・旧海軍墓地を訪ねて?

第二十六章あみんちゅ戦争を学ぶ旅?呉・旧海軍墓地を訪ねて?     滞在:平成29(2017)年4月19日水曜日《16:07?17:00》     時間:平成29(2017)年5月17日水曜日《11:13?14:17》 広島県呉市長迫町にある長迫公園。昭和61(1986)年に旧軍港市転換法に基づき国から呉市に無償譲与されたことを受け呉市が公園として再整備し、名称も長迫公園と変更されたものになります。 今では(かっこ)書きとなっている?旧海軍墓地?、元々は明治23(1890)年に大日本帝国海軍墓地が開設されたことに歴史が始まります。以降海軍軍人の戦没者や殉職者等の埋葬地として利用されていました。 開設以降呉鎮守府が管理し毎年慰霊祭が行われていました。しかし昭和20(1945)年の呉軍港空襲と枕崎台風被害によりこの地は荒廃し、さらに終戦により慰霊行事自体も廃止されました。戦後は国有地となった海軍墓地でしたが、GHQによって海軍が解体された後は、有志による手入れが細々と続いていました。 その後昭和40(1965)年頃から艦艇や所属部隊別の慰霊碑が建立されるようになり、昭和46(1971)年有志が集まって設立された呉海軍墓地保存会が、毎年秋分の日を式日と定めて?合同追悼式?を盛大に行うことを決定し、海軍墓地に眠る英霊の遺徳を顕彰すると共に、清掃と墓地の維持管理に努めてきました。 その後国から呉市に無償譲渡されて再整備され、名称も?長迫公園?と変わった後の平成7(1995)年10月に海軍関係者を中心に募金活動の結果得られた1億円余を基金に?財団法人呉海軍墓地顕彰保存会?が設立され業務を継承します。そして平成22(2010)年8月23日付けで公益財団法人として認定されて今日に至っています。 敷地面積2.9haの現長迫公園の所有は呉市、管理は公益財団法人呉海軍墓地顕彰保存会が行っており、現在合祀碑92基と個人碑157基が建立されています。以前?男たちの大和/YAMATO?のロケ地のひとつとしても知られています。 戦争の遺構のひとつである旧海軍墓地ですが、取り巻く環境はかなり複雑な様相を呈しています。まずは公園地下部に当たる?休山トンネル?。平成14(2002)年に開通した新しいものではあります。休山トンネルがない頃は?呉峠越?という急な峠道しかありませんでした。呉市電も走っていたルートは幹線道路であれど急坂が続く難所であり、市電が急坂を登れずに乗客が押したこともあったそうです。モーターリゼーションの波によって、交通量の増加が著しい中で、峠越えのルートは四車線化されていましたが、なんせ急峻な峠道ゆえ事故と渋滞が当たり前の道だったそうです。その?呉越峠?のバイパス化が?休山新道?になるのですが、この構想は実は戦前からあったものでした。海軍呉鎮守府のお膝元としても人口40万人を数えた?軍港呉?。元々陸の孤島の要素はあった場所ゆえ、近隣地区への陸上ルートの確保は必須でした。当時の内務省によって昭和17(1942)年に国道特27号として事業着手し、阿賀側から150m程掘り進むも戦況の悪化により昭和19(1944)年に事業は凍結され、戦後を迎えてもしばらくは事業再開の声が出ずに放置されていました。 昭和60(1985)年に工事再開を求める運動が起こり、翌昭和61(1986)年に当時の建設省が事業採択し、昭和62(1987)年に都市計画と事業着手、用地取得を経て平成6(1994)年に長迫側からの取付道路の着工と続きました。そして休山新道最大の構造物である延長 1.7 km の休山トンネルは平成8(1996)年10月に工事着手し長迫・阿賀の両側から掘削して行ったものの都市部の山として周囲に密集する住宅地の住環境への配慮や水道管をはじめとしたライフラインの存在による慎重な作業が求められたため工事は難航しました。また両坑口周辺の住宅の空気環境を考慮して換気用の立坑を設置するなどの配慮がなされていました。トンネルは平成12(2000)年9月に貫通し幾多の難工事も工期は平成13(2001)年度の当初予定から遅れずに平成14(2002)年3月21日に暫定供用の運びとなっています。 道はできたからという理由は長くは通用せず、休山新道の想定を超えた交通量は新たな交通集中による渋滞の発生源となってしまいました。そこで平成21(2009)年11月に開催された中国地方整備局事業評価監視委員会では事業継続が妥当と判断されて4車線化されることが決定します。呉市議会議員や呉市民からも完成4車線の早期着工を求める声が寄せられており平成27(2015)年1月10日には4車線化工事の起工式が行われています。 実はこの四車線化がクセもので、戦前に休山新道の設計をした際に道路幅の見積もりを過小評価したことに起因しているそうです。戦況の悪化により工事は凍結され、その後約40年もの間放置されていました。そして工事が再開されるにあたり既に呉越峠が四車線化されていたにも関わらず、戦前の規格を基準とした二車線化の工事をして完成させるも、数年で本来の役目を果たし切れないことが判明し、13年後には拡張工事がはじまりました。二度手間の工事はお役所仕事の特徴ですが、戦前の海軍省と内務省との?休山新道?建設にあたりまさか?海軍墓地?真下にトンネルを掘ることなど認める訳もなかったでしょう。 結局は海軍が必要として求めた?トンネル?の?道路幅?が狭かった。そして工事が凍結されている間に?大型の慰霊碑?が建立された。その後トンネルの拡張工事が始まると、振動によって慰霊碑が倒壊するリスクが出てしまったというあまりにもお粗末な?現実?に直面しています。一基あたりの補修工事は100万を超えるそうです。一体どれだけの慰霊碑が倒壊の危険性があるのかはわかりませんが、その補修工事にかかる費用は厚生労働省に嘆願をして捻出するしか方法がないようなことも言われています。しかし既にいくつかの慰霊碑に関しては、ズレが生じており応急処置が施されています。軍艦伊勢・軍艦天龍の慰霊碑がベルトと鎖によって引っ張られている姿は見ていて痛々しい限りです。トンネル掘削時に周辺住民や住宅地に対して万全の配慮がされていました。現実に人が住んでいる場所と墓地では次元が違い過ぎるのかも知れません。しかし多くの方々を祀る墓地で石碑が倒れる危険性があるというのも、理由とするにはあまりにもお粗末なように思えてなりません。といったトンネル工事に纏わる問題がひとつと、もうひとつは?軍関係の墓地の取り扱いについて?ということになります。 歴史ある海軍墓地ではあるものの、敗戦によって海軍は解体され、事実上管理者がいなくなりました。所縁の人々の手によって細々と手入れがされていた期間を経て呉市へと返還されましたが、そこで?呼称変更?をした事実があります。行政側からすると、平和都市宣言をしているにも関わらず?海軍墓地?という名称を残すことは体裁が悪かったのかも知れません。そこで住所地の名前を被せ?長迫公園?としました。しかしこれに関しては必要なことなのかどうなのかは正直疑問があります。勿論戦争や軍隊を肯定するつもりは毛頭ありませんが、ただうわっ面の付け焼き刃的な?呼称?を付けたとて、史実を隠そうとしているようにしか思えてなりません。元々は漁業と農業で生活をしてした呉が、鎮守府が置かれたことにより?軍都?となり、人も集まり、造船をはじめとした?重工業?の街となった。それゆえ空爆の対象となり多くの犠牲者も出しましたが、その時の造船をはじめとした?先進技術?は、戦後復興の立役者となった?事実?がある以上、軍都であった?史実?は伝えなければならないのではないでしょうか? 戦前には陸海軍の管理下に於いて作られ、戦争によって亡くなられた兵士の御霊を祀るために?陸海軍墓地?というものがたくさん作られました。しかし敗戦をきっかけとして管理していた軍は解体され、結果として管理者不在のまま荒れ放題となっていました。その有様を見た遺族や元同僚の気持ちといえば?残念?を通り越した?失望感?だけだったと多くの方々が口を揃えて言われます。最終的な良い悪いは個人の判断に委ねるにしても、その判断基準となるものに手が加えられることは、作為的でしかないと私は思います。 戦争の遺構という訳ではありませんが、明治期に開設されて呉鎮守府が管理をし、戦いや殉職(職務中の事故)によって亡くなった兵士を祀りながら慰霊祭を開いていた。それが敗戦によって軍部が解体されることにより管理者がいなくなり、有志の手によるものだけとなった時期を経て、呉市の管理にはなったもののその呼称が変更されてしまい、表面上は海軍墓地という名称が?上塗り?されて現在に至っている事実は、根本的なものの解決にはなっておらずただ表面上のメッキをしているだけに過ぎないように思えます。実際に軍の墓地に眠っている親族がおられる方々は、墓地の荒廃に対し言葉を失ったということをお聞きしました。名称を残すことで未来に直接影響するものであればともかく、過去の?史実?を知ることこそ未来に繋がる?平和論?を展開できるとするならば、隠す必要もないし、また隠してはいけないことのように思えてなりません。 公的機関の安易な取り組みが余計に物事を複雑にしている…そんな風に思えた長迫公園・旧海軍墓地でした。 これで?第二十六章あみんちゅ戦争を学ぶ旅?呉・旧海軍墓地を訪ねて??は終わります。 第零章あみんちゅ戦争を学ぶ旅?INDEX編? http://4travel.jp/travelogue/11041482
広島県の写真
広島県の旅行記 長迫公園(旧海軍墓地)へとやってきました。
広島県の写真
広島県の旅行記 (15)戦艦大和戦死者之碑。 昭和54(197...
広島県の写真
広島県の旅行記 (15)戦艦大和戦死者之碑。
広島県の写真
広島県の旅行記 (15)戦艦大和戦死者之碑。
広島県の写真
広島県の旅行記 (15)戦艦大和戦死者之碑。
広島県の写真
広島県の旅行記 (15)戦艦大和戦死者之碑。
広島県の写真
広島県の旅行記 武夫(もののふ)の勲は永遠に霊碑(いしぶみ)が文字に...
広島県の写真
広島県の旅行記 旧海軍墓地(長迫公園)園内マップ。
広島県の写真
広島県の旅行記 (5)軍艦伊勢慰霊碑。 昭和45(1970)年...
広島県の写真
広島県の旅行記 (3)戦艦扶桑戦没者慰霊碑。 昭和55(198...
広島県の写真
広島県の旅行記 (3)戦艦扶桑戦没者慰霊碑。   経歴 此の...
広島県の写真
広島県の旅行記 (6)軍艦鈴谷戦没者慰霊碑。 昭和52(197...
広島県の写真
広島県の旅行記 (9)軍艦廣丙遭難哀悼碑。 明治29(1896...
広島県の写真
広島県の旅行記 (10)軍艦天龍遭難死者祈念碑。 明治31(1...
広島県の写真
広島県の旅行記 (7)特務艦間宮戦没者慰霊碑。 昭和58(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (8)軍艦鹿島有終之碑。 平成元(1989)年...
広島県の写真
広島県の旅行記 (14)ショートランド島戦没者慰霊碑。 昭和4...
広島県の写真
広島県の旅行記 (16)昭和十五年徴募主計科戦歿者慰霊碑。 昭...
広島県の写真
広島県の旅行記 (17-2)大東亜戦争戦没者慰霊碑。 昭和62...
広島県の写真
広島県の旅行記 (18)呉鎮守府潜水艦戦没者慰霊碑。 平成3(...
広島県の写真
広島県の旅行記 (58-2)航空母艦飛鷹之碑。 昭和58(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 展望台から見た景色、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 展望台から見た景色、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 展望台から見た景色、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 展望台から見た景色、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 展望台。
広島県の写真
広島県の旅行記 (58)第十七駆逐隊谷風・浦風・浜風・磯風・雪風・初...
広島県の写真
広島県の旅行記 (57)駆逐艦浜風戦没者慰霊碑。 昭和52(1...
広島県の写真
広島県の旅行記 (63)軍艦比叡戦没者之碑。 明治28(189...
広島県の写真
広島県の旅行記 (64)駆逐艦秋風慰霊碑。 昭和40(1965...
広島県の写真
広島県の旅行記 (65)軍艦隼鷹慰霊碑。 昭和58(1983)...
広島県の写真
広島県の旅行記 (59)軍艦鬼怒慰霊碑。 昭和55(1980)...
広島県の写真
広島県の旅行記 (60)軍艦古鷹戦没者慰霊碑。 昭和49(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (61)呉海軍設営隊顕彰慰霊碑。 昭和51(1...
広島県の写真
広島県の旅行記 (66)軍艦熊野慰霊碑。 昭和53(1978)...
広島県の写真
広島県の旅行記 (67)呂号百四潜水艦之碑。 昭和56(198...
広島県の写真
広島県の旅行記 (68)伊号十一潜水艦之碑。 昭和56(198...
広島県の写真
広島県の旅行記 (69)善本野戦高射砲中隊戦没者慰霊碑。 昭和...
広島県の写真
広島県の旅行記 (70)海防艦稲木戦没者慰霊碑。 昭和55(1...
広島県の写真
広島県の旅行記 (71)工作艦明石慰霊碑。 昭和56(1981...
広島県の写真
広島県の旅行記 (72)第三十一潜水艦基地隊戦没者慰霊碑。 昭...
広島県の写真
広島県の旅行記 (73)駆逐艦天津風之碑。 昭和60(1985...
広島県の写真
広島県の旅行記 (74)駆逐艦叢雲慰霊碑。 昭和60(1985...
広島県の写真
広島県の旅行記 (75)ソロモン方面第十二防空隊慰霊碑。 昭和...
広島県の写真
広島県の旅行記 (76)工作艦朝日・山彦丸・山霜丸合同慰霊碑。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 (77)第一〇三海軍工作部戦没者之碑。 昭和5...
広島県の写真
広島県の旅行記 (78)軍艦初鷹慰霊碑。 昭和58(1983)...
広島県の写真
広島県の旅行記 (79)軍艦三隈戦没者慰霊碑。 昭和59(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (80)軍艦球磨慰霊碑。 昭和61(1986)...
広島県の写真
広島県の旅行記 旧海軍墓地の奥深くに無縁仏さまがありました。石碑には...
広島県の写真
広島県の旅行記 (86)軍艦大井戦没者慰霊碑。 平成元(198...
広島県の写真
広島県の旅行記 (85)六三四海軍航空隊・第九三四海軍航空隊慰霊碑。...
広島県の写真
広島県の旅行記 (84)駆逐艦桑戦没者之碑。 昭和57(198...
広島県の写真
広島県の旅行記 (83)呉六突バラレ島戦没者慰霊碑。 昭和60...
広島県の写真
広島県の旅行記 (82)潜水母艦長鯨戦没者慰霊碑。 昭和60(...
広島県の写真
広島県の旅行記 (81)大東亜戦争戦没者之碑。 昭和22(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (51)軍駆逐艦島風戦没者之碑。 昭和40(1...
広島県の写真
広島県の旅行記 (52)伊号第八潜水艦之碑。 昭和56(197...
広島県の写真
広島県の旅行記 (53)伊号第122潜水艦戦没者慰霊碑。 昭和...
広島県の写真
広島県の旅行記 (54)第三十三警備隊戦没者慰霊碑。 昭和...
広島県の写真
広島県の旅行記 (55)呉鎮守府第十七防空隊慰霊碑。 昭和47...
広島県の写真
広島県の旅行記 (56)軍艦加古戦没者慰霊碑。 昭和42(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (42)軍艦青葉戦没者慰霊碑。 昭和45(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (43)呉鎮守府第六特別陸戦隊歩兵第二二九連隊第七中...
広島県の写真
広島県の旅行記 (44)伊三六三潜殉職者之碑。 昭和41(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (45)不朽伊二九潜戦没者慰霊碑。 昭和42(...
広島県の写真
広島県の旅行記 (46)駆逐艦椿戦没者慰霊碑。 昭和58(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (47)軍艦神通戦没者慰霊碑。 昭和62(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (48)第三十四号駆潜艇戦没者慰霊碑。 昭和4...
広島県の写真
広島県の旅行記 (49)軍艦矢矧殉職者之碑。 大正9(1920...
広島県の写真
広島県の旅行記 (50)第四艦隊遭難殉職者之碑。 昭和11(1...
広島県の写真
広島県の旅行記 (87)大東亜戦争海軍戦没社柔道部員之碑。 昭...
広島県の写真
広島県の旅行記 (88)上海満州事変戦没者之碑。 昭和8(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (41)駆逐艦深雪殉職者之碑。 昭和10(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (40-B)英国海軍水兵の墓標。 香港駐在の英...
広島県の写真
広島県の旅行記 (40)第一五駆逐隊夏潮・早潮・親潮・黒潮・陽炎慰霊...
広島県の写真
広島県の旅行記 (39)駆逐艦早蕨殉職者之碑。 昭和8(193...
広島県の写真
広島県の旅行記 (38)呉海軍看護合葬碑。 大正3(1914)...
広島県の写真
広島県の旅行記 (38-2)駆逐艦東雲慰霊碑。 平成14(20...
広島県の写真
広島県の旅行記 (37)軍艦吉野戦没者之碑。 昭和13(193...
広島県の写真
広島県の旅行記 (30)軍艦信濃戦没者之墓。 昭和41(196...
広島県の写真
広島県の旅行記 (29)第参号輸送艦戦没者慰霊之碑。 昭和46...
広島県の写真
広島県の旅行記 (24)軍艦衣笠慰霊碑。 昭和57(1982)...
広島県の写真
広島県の旅行記 (23)駆逐艦浦波慰霊碑。 昭和60(1985...
広島県の写真
広島県の旅行記 (22)第十六防空隊戦没者慰霊碑。 昭和60(...
広島県の写真
広島県の旅行記 (26)駆逐艦磯波戦没者慰霊碑。 昭和61(1...
広島県の写真
広島県の旅行記 (27)駆逐艦呉竹慰霊碑。 昭和62(1987...
広島県の写真
広島県の旅行記 (28)駆逐艦敷波慰霊碑。 昭和47(1972...
広島県の写真
広島県の旅行記 (34)第十一掃海隊13・14・15・16・17・1...
広島県の写真
広島県の旅行記 (35)軍艦高砂戦死下士卒墓。 明治38(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (36)第十一駆逐隊吹雪・白雪・初雪・深雪慰霊碑。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 (33)駆逐艦綾波戦没者之碑。 昭和45(19...
広島県の写真
広島県の旅行記 (32)軍艦日向慰霊碑。 昭和44(1969)...
広島県の写真
広島県の旅行記 (31)軍艦雲鷹戦没者之碑。 昭和57(198...
広島県の写真
広島県の旅行記 呉海軍墓地案内図。
広島県の写真
広島県の旅行記 呉海軍墓地の沿革  呉海軍墓地は、明治23年(...
広島県の写真
広島県の旅行記 (4)第五三一海軍航空隊慰霊碑。 昭和47(1...
広島県の写真
広島県の旅行記 (2)第八十二海防艦戦没者慰霊碑。 昭和47(...
広島県の写真
広島県の旅行記 (1)重巡最上戦没者慰霊碑。 昭和49(197...
広島県の写真
広島県の旅行記 (11)第三十二特別根拠地隊戦没者慰霊碑。 昭...
広島県の写真
広島県の旅行記 (12)第十戦隊旗艦巡洋艦阿賀野慰霊碑。 昭和...
広島県の写真
広島県の旅行記 (62)軍艦厳島乗組員之碑。 明治28(189...
広島県の写真
広島県の旅行記 (25)第百十三号輸送艦慰霊碑。 昭和61(1...
広島県の写真
広島県の旅行記 (21)駆逐隊白雲慰霊碑。 昭和62(1987...
広島県の写真
広島県の旅行記 (20)駆逐隊初風慰霊碑。 平成元(1989)...
広島県の写真
広島県の旅行記 (19)第六三四海軍航空隊慰霊碑。 平成元(1...
広島県の写真
広島県の旅行記 (17)第二十四特根付特設駆潜艇第十八日東丸戦没者慰...
広島県の写真
広島県の旅行記 (13)駆逐艦陽炎之碑。 昭和55(1980)...
広島県の写真
広島県の旅行記 呉海軍墓地のリーフレット、表紙。
広島県の写真
広島県の旅行記 呉海軍墓地のリーフレット、中面の地図。 これが...
広島県の写真
広島県の旅行記 呉市観光案内図。
広島県の写真
広島県の旅行記 長迫公園の場所。
広島県の写真
広島県の旅行記 鎮魂歌?長迫の丘?。 潮路はるかに昇る陽に...
広島県の写真
広島県の旅行記 長迫公園管理棟(事務所)。旧海軍墓地に建立された慰霊...
広島県の写真
広島県の旅行記 戦死した兵士の?町葬?に贈られた弔辞と葬儀の模様の写...
広島県の写真
広島県の旅行記 開戦前連合艦隊作戦打ち合わせ会議後の記念写真。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 長迫公園管理棟(事務所)の展示資料。
広島県の写真
広島県の旅行記 長迫公園管理棟(事務所)の展示資料。
広島県の写真
広島県の旅行記 長迫公園管理棟(事務所)の展示資料。
広島県の写真
広島県の旅行記 戦艦三笠の模型。
広島県の写真
広島県の旅行記 艦艇の紹介。 大東亜戦争以前の部。
広島県の写真
広島県の旅行記 艦艇の紹介。 駆潜艦・掃海艇。
広島県の写真
広島県の旅行記 艦艇の紹介。 敷設艦・潜水母艦・工作艦。
広島県の写真
広島県の旅行記 艦艇の紹介。 潜水艦。
広島県の写真
広島県の旅行記 呉海軍墓地慰霊碑命日一覧表。
広島県の写真
広島県の旅行記 呉海軍墓地慰霊碑命日一覧表、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 艦艇の紹介。 特務艦・輸送艦・海防艦。
広島県の写真
広島県の旅行記 艦艇の紹介。 駆逐艦。
広島県の写真
広島県の旅行記 艦艇の紹介。 駆逐艦。
広島県の写真
広島県の旅行記 艦艇の紹介。 巡洋艦。
広島県の写真
広島県の旅行記 艦艇の紹介。 最後に航空母艦と戦艦。
広島県の写真
広島県の旅行記 住宅地横に広がる旧海軍墓地…。
広島県の写真
広島県の旅行記 この風景が永遠に続くことを願いたい…。 第零章...
広島県の旅行記
広島 ,《April.2017》あみんちゅ試験・移動・そして学びの旅その??軍港呉の街散策後編?
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
たかちゃんティムちゃんはるおちゃん・ついでにおまけのまゆみはん。
広島県の旅行時期
2017/04/19~" . 2017/04/19
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

《April.2017》あみんちゅ試験・移動・そして学びの旅その??軍港呉の街散策後編?

平成29年4月19日水曜日 昨年度の資格試験合格実績に味をしめて、今年度の資格試験?最初?のターゲットとして選んだ?第一種衛生管理者?。昨秋の?第二種衛生管理者?は偶々出張試験が行われる時期だったこともあり大阪で受験しましたが、今回は出張試験が行われる時期ではないため、近畿地区の場合は加古川の近畿安全衛生技術センターへと向かわなければなりません。我が街南淡海の国からは2時間強掛かる場所ゆえ、前回訪れた時期すら覚えていない位に久しぶりです。勿論第一目標は試験合格なのですが、ここまで出向いてきたのなら…という思いに駆られ、After Testのお楽しみとして広島行きを胸に秘めて自宅を出発します。その二日目後半は大和ミュージアムをじっくりと見学し終えたところから始まります。いつもながら今回もほぼ?ノープラン?でのスタートで、呉を発つ時間だけを事前に組んだだけです。気分次第の気まぐれ旅、さあどうなったのでしょうか? 大和ミュージアム   《見学:09:21?11:53(500円)》          12:00 BEACON 12:05?12:25   《士官のカレー:1,450円》 てつのくじら館 12:33   《見学:12:35?13:33》         12:35 呉中央桟橋ターミナル 13:45   《セブンイレブン呉中央桟橋ターミナル店:水(130円)》            13:58 入船山記念館 14:10   《入場料:(JAF割引)200円》2280        15:27   《セブンイレブン呉市四ツ道路店:水とタバコ(1,140円) 長迫公園 16:07   《コーヒー:160円》      17:00 呉本通七郵便局 17:05         17:10 呉本通六丁目バス停 17:14           17:15 呉駅前 17:24   《クレアライン線バス:740円》 中電前バス停 18:09 平和記念公園 18:15 のんびりと2時間半かけて大和ミュージアムを見学し、館外へと出てきました。ちょうどお昼時だったこともあり、一服しながら?海自カレー?の提供店を探したところ、大和ミュージアム隣の?シーサイドカフェBEACON?が最寄り店舗としてヒットしたため向かうことにします。館内は海図をモチーフとした天井など?海?をテーマに纏められており、なかなか良い雰囲気を醸し出しています。護衛艦さみだれの艦長認可の?さみだれカレー?の提供をされていますが、ナンで食すさみだれカレーより、ご飯ものの?士官のカレー?に惹かれたためそちらをチョイスしました。じっくり煮込んだ牛タンが乗っかった士官のカレー、1,450円は決して安くはありません。しかし?街おこし?の一環として、呉に来て食べない訳にはいきません。ただやはりグルメでない私には、?カレールー?そのものの味にしか思えない悲しさがありました。お料理は写真で切り取った通りのものでしたが、時間的なこともありゆっくりと寛ぐ訳にもいきません。人気店の宿命?待たされる?ことはなかったので、座ってから席を立つまで20分という超速で済ませ、お店を出ることにします。 ひとつだけ悪態をつくと、責任者と思しき若い男性が入店から順番に席へと案内をし、オーダーを取っていましたが、身勝手な年寄り集団が順番抜きにして座席を確保しようとする・・・。それを正して待つようにと指示を出すものの、結局は同じことの繰り返し。確かに怒りたくなる気持ちはわかりますが、かといって要領がまだわかっていない若いスタッフに?あたる?ような態度は見ていてあまり気持ちのいいものではありません。多分飲食業と物販販売は違うのでしょうが、そう思った客一名がいたことは気を付けて頂きたく思いました。 程良くお腹も膨れ、道路を挟んだ場所にある?鉄のくじら館?に向かいます。正式名称は海上自衛隊呉資料館と言いますが、現在海上自衛隊の資料館は全国に3つあり、鹿児島県の鹿屋航空基地資料館(航空関係)・長崎県の佐世保資料館(艦艇)そしてここ呉資料館となりますが、それぞれ?主題?として取り上げられている内容が異なり、呉の場合は主として?潜水艦?と?掃海任務?についてわかりやすく説明されています。 入口手前にで?んと横たわる巨大な潜水艦。ゆうしお型潜水艦で平成16(2004)年まで現役だった?あきしお?です。一部防諜上の理由によりダミーに変わってはいるものの紛れもない?実物?です。その下を潜り抜けて入口へと向かいます。海上自衛隊の広報業務のひとつとして旧海軍に始まり、海上自衛隊となった現在までの歴史や装備品の紹介などが展示物やビジュアルで細かく解説されています。 1階部分では海上自衛隊の歴史について、2階では機雷の脅威と掃海艇の活躍、3階では潜水艦の活躍について、それぞれ実物・模型・絵図や映像などの資料を用いて紹介しています。掃海任務と言われてもピンと来ないのかも知れませんが、機雷処理のエキスパートのことに他なりません。色々な衝撃によって爆発する機雷を除去する任務は、戦後海上保安庁に掃海部隊置かれたことにはじまります。時代背景は昭和25(1950)年頃の朝鮮戦争、それに加えて第二次世界大戦時に敷設された機雷を含めて除去していく任務を担います。その後海上保自衛隊の発足に伴い、掃海部隊も海上自衛隊へと移管されます。それから60年もの月日が経ち、通常では爆発しなくなっている?はず?の第二次世界大戦時の機雷も、一旦爆発すると容易に船を?沈める?のに十分な火薬を持ったまま海中に沈んでいるのが現実です。掃海任務そのものに?戦い?が直接絡むことはないものの、ひとつ間違うと自らが爆発に巻き込まれる危険な任務についている海上自衛隊掃海部隊の働きには正直頭が下がります。知られている話では自衛隊初の海外派遣となった湾岸戦争後のペルシャ湾掃海派遣任務(湾岸の夜明け作戦)に海上自衛隊があたりました。その当時の掃海隊群司令落合畯(おちあいたおさ)一等海佐にクェート政府から贈られた?勲章?が展示品の中でも一際輝いていました。 この落合畯氏は知る人ぞ知る第二次世界大戦末期に海軍沖縄根拠地隊司令官として『沖縄県民カクタタカヘリ』の電文を大本営に打電した後に自決された大田実中将の三男です。大田司令官が『沖縄県民…』の電文を打ったことを?出来過ぎたでっち上げ?だとバッシングするものが少なからずいました。それが徐々に減ってきたその背景には、大田司令官にはその『沖縄県民の自らを省みないでの戦争協力』を伝えなければならない?絶対的な理由?が調査によって明らかになってきたことが理由に挙げられています。それは昭和20(1945)年1月、沖縄県最後の官選知事として赴任した?島田叡知事?との関係です。軍人と行政のトップといえば、水と油の関係と取られることが多い時代に、10歳も年が若い島田知事のことを大田司令官は尊敬をしていたことがわかっています。そして電文が打電された6月6日といえば、沖縄守備陸軍第32軍司令部も沖縄県庁もほぼ役割を果たせていない状態に陥っていました。しかし尊敬する島田知事の仕事のひとつでもある?内務省?への報告すら通信手段の途絶によってままならない状態になっていることを知っていた大田司令官には見過ごすことはできなかった…。しかし恩着せがましく言うことでもないのは当然わかっていたこともあり、そこから必然的に出てきた言葉が文中に出てくる以下の文言になっています。 ?本職県知事ノ依頼ヲ受ケタルニ非ザレドモ 現状ヲ看過スルニ忍ビズ之ニ代ツテ緊急御通知申上グ? 大田司令官の?お人柄?もあると思うのですが、もしこの打電がなければ沖縄で会った悲劇はどのように伝わっていたのだろう…と考えることがあります。少なくとも現在知られていることすらわからなかったことには違いなかったでしょう。そして電文が送られてから約50年後、三男の落合畯氏が掃海隊群司令としてペルシャ湾へと向かうこととなります。海将補で退官された後にその任務(掃海任務)のことについて以下のようにコメントされています。 遠い極東の日本から?掃海母艦はやせ?を旗艦としたこんな小さな船でペルシャ湾までやってきて、クウェート国民のために危険極まりない機雷の除去をやってくれた。このことについてクウェート国民は大変感謝しており、心からお礼を申し上げる。しかし日本は第二次世界大戦後45年間戦争をしていない筈だ。にも拘らずその間に戦争を経験している米・英・仏といった先進緒国と同様に、掃海任務という最も難しい技術を持っているのか?それとも日本は隠れて戦争をしていたのか?との質問に対し落合指揮官は、『そうではない。昭和20(1945)年3月、瀬戸内海を中心として日本近海に約1万2千個の機雷が敷設され、日本海軍はその脅威に敢然と挑戦しその機雷掃海作業は終戦後も営々と続けられた。それはやがて海上自衛隊に引き継がれ日本近海に於ける船舶航行の安全確保のために、掃海業務は昭和40年代後半まで継続された。私自身も若い頃その掃海業務に従事した経験がある。第二次大戦以後約45年間も平和が続いた日本の掃海部隊が先進諸国と同等に実任務につけるのは、旧海軍の先輩達が良き伝統を残してくれたお陰であり、それに加えて任務を引き継いだ海上自衛隊の掃海部隊が、堅実に訓練を励行し技量を磨いて来た努力の積み重ねがあったからである。』と答えられています。 それは『戦争というものを肯定するのではなく、戦時中に多くの機雷敷設を近海に行われ、そのことによって船舶の航行に著しい障害となった史実をもとに旧海軍の掃海技術が現在の海上自衛隊に引き継がれ、それを堅実に励行し技量を磨いてきた努力の積み重ねによってその技術が生きているということに他ならない』ということは、戦争という?破壊?しか生まなかった?軍隊?といわれる中で、国民生活に於ける?障害?となった?敷設機雷?に対し、海軍が持つ?掃海技術?を用い可能な限り機雷を除去することによって、国民生活の?改善?に尽くしたという?事実?があり、今なおなくなることのない戦争時に敷設された?機雷?を除去する任務を海上自衛隊が受け継ぎ、世界平和に貢献していることは、疑いのない事実だと考えられます。第二次世界大戦末期に米軍によって敷設された機雷によって、軍民問わず船舶が安全に航行したり港に入ることができなくなりました。そして機雷に触れたことによって多くの船舶が沈没したことは周知の事実です。あの戦艦大和が広島港や瀬戸内海に敷設された機雷によって、母港の呉へと戻れずに徳山沖で停泊を余儀なくされ、そのまま天一号作戦によって沖縄特攻へと向かった史実もあります。 掃海というあまり一般的には知られていない任務についている海上自衛隊の部隊ゆえ、知らない方からは?軍隊?に違いないと十把一絡げに言われてしまうことは、残念に思えて仕方がありません。今では掃海技術も発展を遂げ、昔のように?自らが囮?になって機雷を探すようなことはなくなってはいます。しかしそのような手段でしか探すことができなかった?ある種の機雷?を除去する任務は、第二次世界大戦末期に日本軍が?究極の攻撃?とした許されざる?特攻?となんら変わらぬものでした。戦争が終わっても?特攻任務?に就かなければならなかった事実は、やはりもっと多くの人々に知られるべきことのように思えてなりません。 海上自衛隊の資料館ということだけで?嫌悪感?を持たれる方もいるので、敢えて館内の紹介は控えます。しかし何度も言うようですが?命を張った?任務には違いないので、事実を知り?掃海任務?による本当の?価値?や?目的?は知らなければならないことに違いないと改めて思います。 一通り見学を済ませてやって来たのは?広報コーナー?。呉にある3つの海上自衛隊施設の見学について書かれています。まず江田島の?海上自衛隊第1術科学校?、ここでは旧海軍兵学校施設と教育参考館が一般公開されています。平日3回・土休日4回あって所要時間は1時間半となっており、個人の場合は原則予約は不要となっています。そして?海上自衛隊艦艇?、日曜日のみ3回行われ所要時間は1時間となっています。場所は係船堀地区(アレイからすこじま)で、人数関係なく予約が必要となっています。後?呉地方総監部第一庁舎?、旧海軍呉鎮守府庁舎が公開されており日曜日に2回行われ、所要時間は30分となっています。こちらも人数関係なく予約が必要となっており、見学予約は海上自衛隊呉地方総監部広報係20日前?10日前16:30までの間となっています。申し込みはFAXのみにて受付となっており、もし申込書を打ち出すプリンターや送信するFAXがない場合はネットカフェやコンビニを利用してくださいとのことでした。今回は時間や曜日の関係でどうしても訪れることができませんでしたが、近いうちに必ず訪れたいと改めて思います。 掲示板の隣にはショップとカフェが併設されてオープンしています。海上自衛隊オリジナルのグッズ等多々商品を扱っておられるようで、少々値は張るものの目を惹く品物が多いのも確かでした。またこの4月に認定された海上自衛隊カレーのひとつ?あきしおカレー?が味わえます。既に退役した?潜水艦?である?あきしお?なので、海自カレーのシールラリーには参加できなかったと書いてあることがなんか私にとって?ツボ?でした(笑)♪潜水艦の形をした?ごはん?等、なんかカワ(・∀・)イイ!!と思えてしまい、次回の呉訪問時の?朝食?に是非とも訪れたいと心に決めました。 本来なら写真をバチバチ撮ってくるのですが、写真に切り取ってしまうともう来ない気がしたので敢えて多くの記録は取りませんでした。1時間程で館内を巡り終え、次の目的地へと向かいます。一旦大和ミュージアムの前を通り、その隣の呉中央桟橋へとやってきます。松山や広島港の他、江田島への航路もあるこの呉港ですがせっかくなので広島へと向かうのに高速艇を利用しようと思いきや?2,050円?、フェリーなら?930円?。バスでも?740円?で行くことができるので時間と予算的にちょっと…。ということでまあ時間には…ということにして、時間のことを気にしながら次の目的地へと向かいます。 呉中央桟橋から東進し、海上自衛隊呉教育隊の敷地を回り込むように歩くと、広島電鉄教育隊前のバス停があります。そこを通り過ぎて右に曲がると美術館通りへと入り、呉市立美術館を通り過ぎると入船山公園へと到着します。結構大きな公園である入船山公園ですが、その北側に入船山記念館があります。第42代文武天皇のご時世であった大宝3(703)年にこの地に?亀山神社?が創建され長く鎮座していましたが、明治19(1886)年に呉鎮守府が開設されるのに伴って大日本帝国海軍に接収されました。明治22(1889)年この地に洋風木造2階建の軍政会議所兼水交社が建てられ、呉鎮守府開庁式の際には明治天皇の行在所としても使用されており、その後明治25(1892)年以降は呉鎮守府司令長官官舎として使用されることになりました。 戦後昭和31(1956)年までイギリス連邦占領軍司令官官舎として使用された後大蔵省の管理下の建物となった後、昭和41(1966)年の旧軍港市転換法に基づき呉市に無償貸与移管され、翌昭和42(1967)年から入船山記念館として一般公開を開始しました。その後平成27(2015)年から指定管理者制度が導入されるに際し?入船山記念館運営グループ?が管理者となり、約700m離れた位置にある呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)と一体化した観光展開をして現在に至っています。 入口の門を潜ると休憩所がありました。?旧東郷家住宅離れ?、木造平屋造瓦葺で建築面積37?の8畳と6畳の2間があるこの建物、あの海軍元帥東郷平八郎が海軍大佐の時代に呉鎮守府参謀長として赴任した際に正圓寺の山手付近に居住し、その邸宅の離れであった建物を移築したものになります。呉鎮守府に勤務していた1年7ヶ月をこの屋敷に住まい、残念ながら母屋は明治期の火災によって焼失しますが、この離れだけは運良く残ったそうです。しかし一度移設はされたようですが、そのまま放置されたため荒廃が進んでいたところを創設20周年記念として呉東ロータリークラブが呉市に寄付し昭和55(1980)年に現地に移築復元されました。その後市民や観光客の?休憩所?としての役割を果たし、平成9(1997)年5月に国の登録有形文化財に指定され現在に至っています。また離れの目の前に広がる庭園は昭和の?小堀遠州?と称された造園家である中根金作氏の監修によるものです。 園内へと続く通路は元呉市電として昭和42(1967)年まで走っていた市内電車の礎石が敷かれています。そして入船山記念館のパンフレットには欠かせない?旧呉海軍工廠塔時計?が出迎えてくれました。大正10(1921)年6月10日に旧呉海軍工廠造機部の屋上に設置されたこの時計塔、昭和20(1945)年の終戦まで工廠と共にその歴史の時を刻んできました。現在も動いている電動親子式衝動時計としては国産最初のものであり、終戦後旧工廠内にあったものを昭和46(1971)年5月に入船山記念館内に移設展示され、昭和56(1981)年の修理により再び時を刻み始めた塔時計は、同年呉市有形文化財に指定され現在に至っています。 そして?番兵塔??往来安全石灯籠??呉市入船山記念館旧高烏砲台火薬庫(平成23(2011)年10月国の登録有形文化財指定)??要塞地帯標?等呉の生活や軍の中核都市であったことに由来する品々を眺めながら、チケットブースである郷土館へとやってきます。入場料は250円ですが、当日の大和ミュージアムのチケットを見せると200円となります。勿論JAF会員割引もありました。チケットを購入し、まずは郷土館二階の?呉鎮守府司令長官官舎?や?長官?に纏わる資料を見学します。更に歩くと記念館の顔である?呉鎮守府司令長官官舎?が見えてきます。その前に敷地内にある?歴史民俗資料館?に立ち寄って、?呉鎮守府司令長官官舎?復元になくてはないものであった?金唐紙?等の歴史と現状を眺めながら予備知識を詰め込みました。そしていよいよ旧呉鎮守府司令長官官舎へと入ります。 木造平屋建てで建築面積527.1?の旧呉鎮守府司令長官官舎は、入船山記念館の本館にあたる建物になります。初代の司令長官官舎は明治38(1905)年6月の芸予地震により倒壊してしまったため、現存するものは同年に崩壊材を一部使用して再建された2代目のものとなっています。設計は呉鎮守府建築課課長の桜井小太郎で、平成3(1991)年から平成7(1995)年にかけて大規模な補修を行いました。平成10(1998)には国の重要文化財に指定され、平成17(2005)年には100周年記念式典が行われました 和洋折衷の建物で手前が洋館となっており廊下でつながった奥が和館となっています。洋館部はイギリス風半木骨造(ハーフティンバー様式)で仕上げられており、屋根は宮城県雄勝産の天然粘板岩(スレート)の魚鱗葺き、玄関のステンドグラスはイギリス製、執務室には日本国内に数例しかない金唐革紙が貼られています。当時洋館に執務室や応接室があり家具も英国でしつらえ、いわゆる迎賓館的な役割も果たしていました。一方で住居として使用された和館部分は質素な造りになっています。 戦後接収していたBCOF(イギリス連邦占領軍)は壁紙の上からペンキを塗って白壁としていました。平成に入り防衛研究所で初代司令長官官舎の図面が書かれた?明治38年呉鎮守府工事竣工報告 巻三止?が発見されたのを機に元の姿に復元することが決定し、館内の装飾として用いられた?金唐革紙?も後藤仁氏が中心になり復元されています。 洋館部分には至る所に?英国調?が取り入れられており、その当時イギリスの建築様式を取り入れることがブームであった名残が残っています。それはそれで往時を知るには貴重な題材ではあるものの、第二次世界大戦後の戦後統治下で接収していたイギリス連邦占領軍が壁紙を?白く?塗りました。大日本帝国海軍の象徴のひとつであった?旧呉鎮守府司令長官官舎?の特徴を消し去ってしまうことで、連合国支配のイメージを強めようとしたのかも知れませんが、戦いの勝ち負けではなく、文化遺産の取り扱いという点に於いてはあまりにもお粗末な手段であったとしか思えません。もしいにしえの記録がないために、その?白塗りの長官官舎?が残ったにしても、今となってはそれはただの?戦後統治下の廃墟?にしかなり得らなかったように思えてなりません。最終的には記録が残っていたため往時を偲ぶ姿となって現在に至っていますが、そこまでの考えを占領軍は持ち得ていなかったことは、同様な理由から歴史から消え去ってしまったものがたくさんあるように思えててきます。特に日本遺産を構成するひとつになっている旧呉鎮守府司令長官官舎がそういう扱いを受けていた事実を知ってしまうと…。 意外に旧呉鎮守府司令長官官舎というと?洋風?という先入観があるのかも知れません。私も事実そう思っていたところもありました。しかし鎖国の時代が終わってそれなりに?諸外国?の接待をしなければならなかったこともあり、迎賓館としてはやはり洋式を取り入れざるを得なかったのかも知れません。しかしやはりそこは日本人、生活の場としては?和式?が好まれたところが大いにあったことはたやすく想像できることです。インパクトがある洋館部分に対し、落ち着き感を感じる和式部分にそんな気持ちにさせられたのは私だけでしょうか。 建物はともかく、やはり旧呉鎮守府司令長官官舎を中心とした資料記念館としての役割を果たすには、それなりの題材を集めなければならなかったのでしょう。文化財指定されているものは大抵移設されたものであり、庭園部分にある水蓄式油槽鉄蓋等も海軍基地にあったものをやはり移設したものとなっています。確かに軍港呉の栄光を現在に伝えるには、より多くの?品々?があればある程内容は濃くなるようにも思いますが、ちょっと強引にも思えるところもない訳ではありませんでした。知識をつけて改めて訪れると物の?見方?が変わるかも知れません。それを次回以降に期待して初めての入船山記念館めぐりを1時間半で済ませ、いよいよ今回の呉最終目的地を目指すことにします。 入船山記念館から四ツ道路方面へと向かい、途中のセブンイレブンで飲み物とタバコを購入した後一服をして、国道185号線を北上します。途中大きなT字路がありました。休山(やすみやま)トンネル西口交差点、平成14(2002)年3月21日暫定供用となった比較的新しいトンネルです。このトンネルの上にある公園こそが旧海軍墓地である現在の長迫公園になります。ただこの順路が非常にわかり辛くあっちに行ったりこっちに行ったりを繰り返し、到着にまで時間を費やしてしまいました。 とにかくやっと辿り着いた旧海軍墓地ですが、到着時に既に呉の予定滞在時間を超過しており駆け足で回ることにせざるを得ませんでした。明治23(1890)年に開設された大日本帝国海軍墓地に歴史が始まります。その後呉鎮守府が管理し毎年慰霊祭が行われていたが、昭和20(1945)年の呉軍港空襲と枕崎台風被害によってこの地は荒廃してしまいます。更に終戦によって慰霊行事自体も廃止され、戦後国有地化されたものの有志のみによる手入れのみが続いていました。昭和40(1965)年頃から所属に纏わる慰霊碑が建立されることとなり、そのことによって建立者の手による慰霊式典が行われるようになりました。昭和61(1986)年旧軍港市転換法に基づき、国から呉市に無償譲与されたことを受けて市が公園として再整備し長迫公園と呼称も変更されました。敷地面積は2.9haあり、所有は呉市であるが管理は公益財団法人呉海軍墓地顕彰保存会が行っていて現在に至っています。敷地内には戦前に建立された墓碑が169基の他?戦艦大和戦死者之碑?等80基の合祀碑が建立されています。また映画?男たちの大和/Yamato?の撮影が行われた場所としても知られています。 アウトラインはともかくこの2.9haもの敷地に建立されている慰霊碑を1時間程掛けて全部回ったつもりではいたのですが、後で確認するといくつかの慰霊碑は訪れていないことが判明します。そのことも含め、機械的に回ったことでは何も吸収できたものがないため、今回は訪れたことだけを記録し、次回訪れた時に旧海軍墓地を訪れて知り得たことを述べることにします。1時間弱で取り敢えず園内を一周し、1時間半遅れで広島へと移動することにしました。 わかり辛い旧海軍墓地からの道程を帰りは?スマホナビ?に頼って下って行くことにします。途中呉本通七郵便局に立ち寄って旅行貯金を済ませ、呉駅方面へのバス停を探して歩いて行きます。休山トンネル西口交差点を越えるとバス停が見えてきました。呉本通6丁目バス停ですが、一見すると?街乗り運行?されているバスとは違う車両が停車していました。どこ行きなのだろう…と思いながら行き先表示板を見ると?広島バスセンター?行きとなっています。車内で確認して知ったことなのですが、呉駅周辺から広島へと向かうバスの始発の多くが?呉本通り6丁目?始発であることを知りました。しかしそんなことはいざ知らず、それこそ待っ?て!!の状態でなんとか出発には間に合いました。昨晩21時に呉駅に着いてから20時間…。初めての呉探索は終わって、帰路につく前の広島ダッシュ散策へと向かうことになりました。 呉駅前を通った際に、駅舎の写真を撮っていなかったことを思い出し慌てて車内から撮影します。そしてバスは呉インターチェンジから広島呉道路(愛称:クレアライン)を経由し、一路広島市街へと向かいます。広島高速という馴染みのない高速を出て、バスは広島市内へと進みます。しかし平日の夕方ゆえ道は結構混雑していました。それでも数分の遅れで中電前バス停へと到着し、今回の旅最終目的地である?広島平和記念公園?へと向かいます。 《次編へと続く》
広島県の写真
広島県の旅行記 大和ミュージアム隣にある?シーサイドカフェBEACO...
広島県の写真
広島県の旅行記 呉海自カレーの認定書。さみだれカレーが認定されていま...
広島県の写真
広島県の旅行記 煮込んで柔らかくなった?牛タン?が添えられている?士...
広島県の写真
広島県の旅行記 シーサイドカフェBEACONの店内。海図をモチーフに...
広島県の写真
広島県の旅行記 ナンで食べるさみだれカレーではなくて、今回は?士官の...
広島県の写真
広島県の旅行記 時間が時間なだけにゆっくりすることはできません。
広島県の写真
広島県の旅行記 潜水艦の下を潜って入館します。
広島県の写真
広島県の旅行記 ?てつのくじら館?は愛称で、?海上自衛隊呉資料館?が...
広島県の写真
広島県の旅行記 湾岸戦争後の平成3(1991)年、ペルシャ湾に海上自...
広島県の写真
広島県の旅行記 海上自衛隊日曜日の艦艇・第1庁舎の一般公開について。...
広島県の写真
広島県の旅行記 ?金色?のドルフィンマークとたかティムさん♪ ...
広島県の写真
広島県の旅行記 1時間程で回ってきました。
広島県の写真
広島県の旅行記 行きたい場所は山ほどあれど、限られた時間では全部回る...
広島県の写真
広島県の旅行記 タイミングが良ければ船旅で広島まで行こうかな?♪
広島県の写真
広島県の旅行記 でもスーパージェットならば2,100円かかります…。
広島県の写真
広島県の旅行記 そして大和ミュージアム隣にある呉中央桟橋へとやってき...
広島県の写真
広島県の旅行記 それではてつのくじら館へと向かいます♪
広島県の写真
広島県の旅行記 まぁ時間次第ということにして、次の目的地へと歩き始め...
広島県の写真
広島県の旅行記 てつのくじら館、パンフレット。 勿論入場は無料...
広島県の写真
広島県の旅行記 町おこしの一環として、呉市一帯で行われています。
広島県の写真
広島県の旅行記 多くの種類の?海自カレー?がありますが、年々取扱店も...
広島県の写真
広島県の旅行記 好みは人それぞれあるとは思います。
広島県の写真
広島県の旅行記 でもでも…。
広島県の写真
広島県の旅行記 いくらなんでも3食カレーって言うのもね?(笑)。
広島県の写真
広島県の旅行記 【資料用】呉海自カレー2017年のパンフレット。
広島県の写真
広島県の旅行記 念のため教育隊前バス停発呉駅行きのバスの時間を見てお...
広島県の写真
広島県の旅行記 入船山公園へと向かう道の入り口には銅像が並んでいます...
広島県の写真
広島県の旅行記 入船山公園へとやってきました。
広島県の写真
広島県の旅行記 旧東郷邸とその見取り図。
広島県の写真
広島県の旅行記 移築された旧東郷邸、母屋(右)方向。
広島県の写真
広島県の旅行記 移築された旧東郷邸、母屋(左)方向。
広島県の写真
広島県の旅行記 呉市入船山記念館(入船山公園)案内図。
広島県の写真
広島県の旅行記 旧呉海軍工廠塔時計【呉市有形文化財】 この塔時...
広島県の写真
広島県の旅行記 時計塔全体の高さは約10mで本体は一辺2.4mの立方...
広島県の写真
広島県の旅行記 入船山記念館パンフレット表面。
広島県の写真
広島県の旅行記 入船山記念館パンフレット裏面。
広島県の写真
広島県の旅行記 要塞地帯標。 これらの標柱は軍の重要な地域であ...
広島県の写真
広島県の旅行記 四五口径十年式十二糎高角砲の砲身。
広島県の写真
広島県の旅行記 パロット砲(?)の砲身。 パロット砲とは南北戦...
広島県の写真
広島県の旅行記 園内に置いてあった?眼鏡橋バス停?のバス時刻表。観光...
広島県の写真
広島県の旅行記 旧呉鎮守府司令長官官舎【国重要文化財】 呉鎮守...
広島県の写真
広島県の旅行記 そして一服♪
広島県の写真
広島県の旅行記 郷土館と券売所。 こちらで入場券を購入します。...
広島県の写真
広島県の旅行記 それでは中へと入ります。
広島県の写真
広島県の旅行記 使用人室。
広島県の写真
広島県の旅行記 玄関方向から見た使用人室。左方向が玄関です。
広島県の写真
広島県の旅行記 館内通路。
広島県の写真
広島県の旅行記 籐張り肘掛け椅子。 建立当時から唯一残っていた...
広島県の写真
広島県の旅行記 使用できない?便所?(笑)。※表記通りです!
広島県の写真
広島県の旅行記 応接所 復元:壁紙の金唐神・カーテン・絨毯・家...
広島県の写真
広島県の旅行記 やはり身嗜みを整える?鏡台?は必要不可欠なようです。
広島県の写真
広島県の旅行記 客室 復元:壁紙の金唐紙・絨毯・カーテン・壁付...
広島県の写真
広島県の旅行記 食堂 復元:壁紙の金唐紙・カーテン・家具 修...
広島県の写真
広島県の旅行記 食堂でのイベント?海軍艦上午餐会(昼食会)の献立例?...
広島県の写真
広島県の旅行記 軍艦出雲艦上昼食会献立の展示。 装甲巡洋艦出雲...
広島県の写真
広島県の旅行記 座敷 和館部には使用人室や茶間を含めると座敷が...
広島県の写真
広島県の旅行記 座敷の床の間。
広島県の写真
広島県の旅行記 襖が開いた状態での座敷。さすが広いですね♪
広島県の写真
広島県の旅行記 離れ座敷。 修復前は茶室として使用されていまし...
広島県の写真
広島県の旅行記 再び使えないおトイレ(笑)♪ あ、勿論おトイレ...
広島県の写真
広島県の旅行記 館内にも大和の模型がありました。
広島県の写真
広島県の旅行記 この左から中央へと渡る梁に木札があったようです。
広島県の写真
広島県の旅行記 入船山記念館の屋根部分は天然のスレートぶきです。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 入船山記念館の日本庭園。
広島県の写真
広島県の旅行記 日本庭園から見た母屋。
広島県の写真
広島県の旅行記 水蓄式油槽鉄蓋。 呉市広町虹村の旧海軍燃料タン...
広島県の写真
広島県の旅行記 1時間15分程で回ってきました。それでは次の目的地で...
広島県の写真
広島県の旅行記 旧海軍墓地、現長迫公園へと到着しました。
広島県の写真
広島県の旅行記 2時間半かけて大和ミュージアムを見学し終え、満足顔の...
広島県の写真
広島県の旅行記 時間を調整しながら行く場所を決めなければなりません…...
広島県の写真
広島県の旅行記 次はてつのくじら館へと向かう前に…。
広島県の写真
広島県の旅行記 シーサイドカフェBEACONでは、護衛艦さみだれカレ...
広島県の写真
広島県の旅行記 ちょ・ちょっと待って?!乗りま?す?!!
広島県の写真
広島県の旅行記 やってきた本通6丁目のバス停に?街乗りバス?でないバ...
広島県の写真
広島県の旅行記 旅行貯金をするために呉本通七郵便局へと立ち寄ります。
広島県の写真
広島県の旅行記 用事を済ませてバスで呉駅へと向かおうとすると・・・。
広島県の写真
広島県の旅行記 17:03、旧海軍墓地を後にして一路広島市街へと向か...
広島県の写真
広島県の旅行記 一時間程で回り切ったと思ったら、見落としていた慰霊碑...
広島県の写真
広島県の旅行記 まずは園内マップで所在を確認します。
広島県の写真
広島県の旅行記 公園の頂には展望所があり、呉の街並みを眺めることがで...
広島県の写真
広島県の旅行記 長迫公園(旧海軍墓地)は、鎮守府として横須賀・呉・佐...
広島県の写真
広島県の旅行記 入口には大いなる存在感を醸し出している??戦艦大和戦...
広島県の写真
広島県の旅行記 広島市内渋滞のため、少し遅れて中電前バス停にて下車し...
広島県の写真
広島県の旅行記 出発地か違うと若干バス代も変わるようです。
広島県の写真
広島県の旅行記 車内から?また来るね??とカメラに駅舎を撮し、広島へ...
広島県の写真
広島県の旅行記 無事バスには乗れましたが、呉駅では降りれません・・・...
広島県の写真
広島県の旅行記 日本遺産鎮守府?日本近代化の躍動を体験できる街?横須...
広島県の写真
広島県の旅行記 そして国登録有形文化財の登録を受けている?呉市入船山...
広島県の写真
広島県の旅行記 日露戦争に於ける日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を...
広島県の写真
広島県の旅行記 ボランティアガイド詰め所。なにか意味深な建造物になっ...
広島県の写真
広島県の旅行記 番兵塔。 警備のため長官官舎や海兵団等の入口に...
広島県の写真
広島県の旅行記 通路の石。 正面からの通路の石は、日本で6番目...
広島県の写真
広島県の旅行記 往来安全石灯籠。 明治17(1884)年広村と...
広島県の写真
広島県の旅行記 呉市入船山記念館旧高烏砲台火薬庫。 国登録有形...
広島県の写真
広島県の旅行記 ?玄関ドアとステンドグラス? 玄関ドアのすりガ...
広島県の写真
広島県の旅行記 明治時代に作ったことを書いた木札。 『奉 明治...
広島県の写真
広島県の旅行記 軍水道防火栓 明治22(1889)年、日本で2...
広島県の写真
広島県の旅行記 軍水道防火栓。 さすが軍都、専用の水道を利用し...
広島県の写真
広島県の旅行記 長迫公園(旧海軍墓地)管理棟。旧海軍墓地に慰霊塔が建...
広島県の写真
広島県の旅行記 長迫公園(旧海軍墓地)展望所から見た呉市街の様子。
広島県の旅行記
広島 ,《April.2017》あみんちゅ試験・移動・そして学びの旅その??広島平和記念公園散策・そして淡海へ編?
広島県の地域
広島
広島県への旅行者
たかちゃんティムちゃんはるおちゃん・ついでにおまけのまゆみはん。
広島県の旅行時期
2017/04/18~" . 2017/04/20
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

《April.2017》あみんちゅ試験・移動・そして学びの旅その??広島平和記念公園散策・そして淡海へ編?

《April.2017》あみんちゅ試験・移動・そして学びの旅その??広島平和記念公園散策・そして淡海へ編? 昨年度の資格試験合格実績に味をしめて、今年度の資格試験?最初?のターゲットとして選んだ?第一種衛生管理者?。昨秋の?第二種衛生管理者?は偶々出張試験が行われる時期だったこともあり大阪で受験しましたが、今回は出張試験が行われる時期ではないため、近畿地区の場合は加古川の近畿安全衛生技術センターへと向かわなければなりません。我が街南淡海の国からは2時間強掛かる場所ゆえ、前回訪れた時期すら覚えていない位に久しぶりです。勿論第一目標は試験合格なのですが、ここまで出向いてきたのなら…という思いに駆られ、After Testのお楽しみとして広島行きを胸に秘めて自宅を出発します。二日目もいよいよ終わりに近付き、呉からバスで広島市内へとやって来ました。到着時間が遅れたため日暮れまでの時間との勝負で広島平和記念公園を回って行きます。さあどんなことが待っているのでしょうか? 平成29年4月19日水曜日 中電前 18:03 平和記念公園 18:15   《訪問地:平和の塔・広島平和記念資料館・元安橋・動員学徒慰霊塔・原爆ドーム・相生橋・爆心地・平和の時計塔・平和の鐘・原爆の子の像・平和の池・平和祈念像・平和の灯・原爆死没者慰霊碑・祈りの像・国立広島原爆死没者追悼平和祈念館・嵐の中の母子像・原爆犠牲国民学校教師と子どもの碑・平和の像若葉・平和記念ポスト・被爆動員学徒慰霊慈母観音像》 平和記念公園 19:50 中電前電停 20:06 20:15 《広島電鉄:160円》4480 広島駅 20:35 広島東郵便局 20:42 20:57 マクドナルドJR広島駅店 21:00 《グランベーコンチーズ:520円》5000              21:15 広島駅南口バス停 22:05 22:15 《JAMJAMライナーJX522便3列ゆったりコンビweb割:3,500円》8500 《車中泊》 平成29(2017)年4月20日木曜日 篠坂パーキングエリア 0:13 《水:120円》8620 0:37 中津モータープール 06:05 吉野家桜橋店 06:45 《納豆定食:390円》9010 07:07 大阪 07:22 07:28 《JR:730円》9740 田舎駅 08:22 《ファミリーマート田舎駅前店:タバコ・コーヒー(553円)》10293 08:40 《田舎の赤バス:230円》10523 ド田舎バス停 08:53 自宅 08:58// 2日目のお小遣い:10,523円 総費用:25,409円 呉から乗って来たバスを中電前バス停で下車します。約1時間遅れでの広島到着、勿論平和記念資料館は既に閉館していますが予定の組み方が甘かったからのことゆえ仕方がありません。悩んでも事は始まらないので夕暮れの平和大橋を渡って平和記念公園へと歩いて行きます。遅れた結果はイコール日没までの時間の勝負となり、駆け足で回ります。まずは?平和の塔?。昭和49(1974)年10月30日に世界連邦広島県・広島市宣言記念塔建設委員会と広島市が 世界連邦都市宣言をしたのを記念して建立しました。塔は一辺が4mの五角錐で、高さは4mあります。5つの面は5大州を表しており、設計者は(故)川村雅美氏、平和への思いを込めてデザインされたものだそうです。管理は広島ディスプレイ協会が行なっており、広島の企業としてとして平和への思いを守り続けるためにも協会のシンボル的な位置づけを持って協会員の協力のもと、この塔を保守することに換えて塔の維持(清掃)活動を行うとされています。 そして次に立ち寄ったのは既に閉館している広島平和記念資料館。前回訪れたのは7年前の原爆忌の時でした。展示に対する思いは予想をはるかに超えるものであったため、記憶に残るレベルを通り越してしまったことのみが記憶に残っています。中でも平和監視時計は数少ない記憶に残っているもののひとつではあるものの、最後の核実験からの222日という表示は一年以内の核実験があった事実以外に他なりません。核実験をすることによって国力を誇示するなどという原始的な考え方が、今なお行われていることに憤りを感じずにはいられませんでした。 そして公園内を北上するように歩いて元安橋へと向かいます。爆心地から最も近い橋となった元安橋、原子爆弾の特徴とも言える爆風と衝動波によって特異的な壊れ方をしました。結果として爆心地やその高さなどを特定することができた訳ですが、西国街道や國道四号筋といった主要道の一端を担って来たことを考えると、その数奇な運命になんとも言え気持ちになります。取り敢えず今回は現在の元安橋の姿をカメラに収めて、次の目的地へと向かいます。 元安橋を渡って辿り着いた先は動員学徒慰霊塔。第二次世界大戦中に日本全国で労働力不足を補うために出された?学徒勤労令?によって国民学校高等科以上の生徒は軍需工場等での勤労奉仕が強制されました。その後空襲による延焼を防ぐため、民家などの建物を取り壊して防火地帯をつくる建物疎開作業にも多くの生徒が動員されており、被爆当日に広島市内で建物疎開作業に携わっていた国民学校高等科以上の学徒は8,000人以上と言われており、そのうち約6,300人が原爆の犠牲となっています。 被爆死した学徒に加え、日本全国で?勤労奉仕?に動員されて戦禍に斃れた学徒を合わせた一万余名を祀るために、動員学徒慰霊塔は昭和42(1967)年7月15日に建立されました。今なら?義務教育?を受けている年齢がお国のための仕事をし、そして戦禍に斃れた事実は戦後生まれが容易く理解できるものではないでしょう。かと言ってゴタクを並べて語れるものではなく、ひたすら手を合わせて冥福を祈るしかできなかった私には、なんとも言えない?悔しさ?が心の中に残りました。 学徒動員慰霊碑からも見える広島原爆被害の?モニュメント?的な?原爆ドーム?。この場所も再訪ではあるのですが、なんとなく?違うもの?を感じるところでもあります。確かに?原爆忌?に訪れた時とその他の時期であれば、周りの観光客の違いもあるのですが、日暮れ間近の時間ではあれど中学校の修学旅行生が来ていたようです。私自身の修学旅行は小学校が伊勢志摩、中学校が東京、高校は九州だったこともあり、広島を訪れたのは自分自身が?旅行先?として選べるようになってからです。そのような理由もあり?学校行事の一環?として戦跡を訪ねることにどの程度?意味合い?があるのか疑問に思っているのが本音です。スマホに個々の慰霊碑の?位置?をプロットし、その慰霊碑の?謂れ?を確認しながら写真の撮っている大人の姿がどのように映っているのかはわかりませんが、慰霊碑の反対側に回り込んで写メっている姿はやはり異様に見えるのか、私に尋ねるかの如く?これって何の碑??なんて言っているのを聞いて、反射的に老婆心からわかりやすく答えていた自分に?精神年齢は変わらないかも…?なんて思うところもありました。とにかく少なくはない数の人がいるため、写真に写り込まないように間を空けると、次第に暗くなっていくことに気付きます。装備上日が陰ると写真が撮れないので、適当に間合いを取って先を急ぎます。 そして原爆が爆発した爆心地。Ground Zeroという言い方が既に定着しているようです。現在では本当に?ビルの密集地?となっているため、迷ってしまいましたが、それはスマホナビでカバーします。当時の島病院は建て替えと診療科が変わり、現在では?島内科医院?となっています。今の建物が平成初頭に建てられたものらしく?現代風?になっているためその面影はありませんが、その道路沿いに設置されている?爆心地のモニュメント?に映る写真が唯一往時を偲ばせるものとなっています。裏通りのようにも見えますが、駐車場を利用する車が多く、道路中央部からカメラを構えるだけでも邪魔な様子。ゆっくり碑文を読む時間も取れず退散することにします。 一旦相生通へと出て、紙屋町の商店街をふと眺めます。広島の復興と都市化を表現しているこのエリア。一面焼け野原となった土地をここまで変えた広島の方々の心意気には脱帽です。そんなことを考えながら相生橋を渡ります。T字型をした珍しい形をした相生橋は、原爆を投下したB-29エノラゲイの機長?ポール・ティベッツ?に?完璧な照準点だ?と言わしめた程の上空から見ても目立つものでした。相生橋を目標として投下された原子爆弾?リトルボーイ?は300m程流されて?爆心地?の上空700mで爆発しました。高熱線を浴び衝撃波で吹き飛ばされた多数の人々は即死状態でした。そんな相生橋の上から元安川下流を眺めると、なんとも言えない素晴らしい景色が広がっていることに気付きます。しかし70余年前には想像もつかない光景が広がっていたことを忘れるわけにはいきません。そんな思いに駆られながらまた歩き始めます。 相生橋の東西に架かる併用橋から南北へと架かる連絡橋を経て、広島平和記念公園へと戻って来ました。まずは公園北端にある?平和の時計塔?。毎日8時15分にチャイムがなるものでもありますが、その?形状?からモニュメントとして見られることから建立時に反対意見もあったようです。結果的には納得して貰えたようで、?残したい日本の音100選?にも選ばれて今日に至っています。 そして?平和の鐘?、表面に国境のない地図が描かれており?世界はひとつ?という考えがモチーフとなっています。梵鐘の撞座(つきざ)部分(鐘が打たれるところ)には?原子力マーク?が入っており、その反対側には鐘を突く人の己の心を映す鏡が入れられているものとなっています。原水爆禁止の望むモチーフとなっていますが、その大変わかりやすい?鐘のつくり?は訪れる方々すべてがその想いに触れられること間違いないでしょう。 平和の鐘から元安川へと向かうと、原爆ドームがライトアップされガイドブックにも写真が掲載されている風景は広がります。ただ?夜?に訪れたのは初めてであったため、奥に位置する?おりづるタワー?がこれほど目立っているとは思いませんでした。確かに高所から平和記念公園を眺める場所としては良いのですが、その存在感があまりにも?目立ち過ぎる?のは如何なものでしょうか…。 そして?原爆の子の像?。二歳で被爆した佐々木禎子さんは被爆直後の検診では問題がなかったにも拘らず、10年後に被爆による白血病を発症し12歳の短い生涯を終えました。当時?高級品?であった?折り紙?は手に入らず、薬包紙や包み紙を使って8ヶ月の間に1,300羽の千羽鶴を折られたそうです。?サダコ物語?として世界中に発信されたこの逸話が発端となって、この原爆の子の像は完成しました。ただ許されざる出来事として?折り鶴放火事件?がありました。原状回復をすれば許されるのか?という議論はありますが、まさしくそういう結論になってしまったこの案件。いつの間にか語られることもなくなってしまいました。そういう?風化?してしまうことがあってはならないことであり、手を合わせて少なくとも?私の心?の中には刻んでおきますと誓い、また歩き始めます。 そして平和の灯、両手で包み込むように灯火が燃え盛っている?モニュメント?としてよく知られています。灯火をモチーフとして?平和?を冠したものはほとんどこの?平和の灯火?の分火です。宗教・産業と宮島弥山の?消えずの霊火?が合わさっているこの平和の灯ですが、原爆の火は含まれていません。これはまた別の?平和の灯?として保存されているものなので注意が必要です。(※http://4travel.jp/travelogue/10991877) 平和祈念像(草野心平の詩碑)、若い母親に抱かれた子供が?平和のラッパを吹き鳴らす?姿に?三日月?が添えられている像は?原爆死没者慰霊碑?を見守っています。親から子へ、そして三日月はやがて満月になることを掛けて、新しい未来の開拓への想いが込められています。その建立意図に賛同された草野心平氏が寄せた?詩?が像の隣の碑板に刻まれています。 原爆死没者慰霊碑 (広島平和都市記念碑)、埴輪型をした慰霊碑は原爆によって被爆死したすべての犠牲者の芳名が刻まれて供えられています。?安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから?の碑文は、その解釈を巡って論議を醸し出し、今なおその論争は続いています。捉え方の問題なのかも知れません。しかし被爆による死者の安息の場所となるように建立されたものゆえ、それを騒がせてしまうことは望まれていないのではないかと思います。 祈りの像、この像は添えられている?碑文?によって解釈が大きく分かれているものでもあります。他の慰霊碑が被爆によって亡くなられた方々、若しくはそれに加え全国の?戦時中特例法?によって動員されて戦禍に斃れた方を?慰霊?しているのに対し、祈りの像には?軍人?を含むすべての戦没者の慰霊と碑文に書かれていることがその理由です。その碑文はすり減ってしまい現在では判別が難しいものとなっているにも関わらず、その建立意図が独り歩きして論議を醸し出しているようにも思えます。しかしこれは内容を?書き出している?人達の解釈が含まれており、それによって?嫌悪感?を醸し出しているようにも感じます。勿論戦争を肯定することができるわけではありませんが、時代背景を考慮すれば例えどんな考えを持っていても、その時は?戦争?に協力しない訳にはいかなかった現実がある筈です。そのことを悔いて家族三人の未来に臨む姿を現していると考えれば、少なくとも?像?が訴えかけているものは受け入れられるものではないでしょうか? そして平和記念資料館を通り越し、嵐の中の母子像へとやってきます。これは碑文を読むまでもなく、その建立意図がわかるものとなっています。原爆という物凄い嵐の中で乳飲み子を抱いた母親が取らざるを得なかった姿勢。いつ離れ離れになるかわからない状況で子供をどこまで護れるかを考える母親の極限の心中だったのではないでしょうか。ネグレクトという言葉が当たり前のように語られている今日、それと相反する愛情を偶像化しているようにも思えます。たまたまなのか後方にある噴水が吹き上がって、像の背景を作り出しています。目立つことは良いのかも知れませんが、ちょっと違和感も感じるところではありました。 原爆犠牲国民学校教師と子どもの碑、原爆の子の像同様多くの?折り鶴?が供えられています。原爆投下時に於いて広島市内にいた多くは、強制疎開をしていた国民学校初等科3年生以上を除く初等科1・2年生と学徒動員に駆り出された高等科の生徒達でした。それが被爆死した子供達の人数を増やしてしまった原因となっています。正確な数字は今でも不明ですが国民学校の児童生徒約2,000名と教師約200名と言われています。しかしそのうち身元が判明した者は僅か子供885人、教師143人に過ぎません。信頼する大人として教師を頼る子供達と、大人として自らも被爆し手の打ちようがなかった教師の無念さをモチーフとして建立された像は一瞬にして起こった?被爆?に対してあまりにも無防備だったことへの憤りみたいなものを感じます。起こるべきして起こったことであればまだしも、何もわからず斃れた子供達と守る手段すら持てなかった教師達?それぞれの無念さが私の心にも伝わってきました。 そして平和記念公園慰霊碑の最後となる平和の像『若葉』・湯川秀樹歌碑へとやってきます。ロータリークラブの創立記念で建立されたものですが、台座にあのノーベル物理学賞受賞の湯川秀樹博士の短歌が刻まれています。?まがつびよ ふたたびここに くるなかれ 平和をいのる 人のみぞここは?の短歌には、物理学者としてその原子爆弾の威力を知り、後の水爆実験等が?理論的?にわかるものとしての苦悩の叫びのようにも思えます。一説には?まがつび?が。災厄を司る?禍津日神(まがつひのかみ)?の仕業とする例えに、原爆を神の仕業にするのかというものもあったようです。しかしそうではなく『この場所(平和記念公園)が平和を祈る人しか来ない場所である』ことの例えとなっています。確かに建立後各慰霊碑を?破壊?する行為が多々あった事実を考えれば、湯川博士の?言いたかったこと?が伝わってきます。多くの被爆による死者が祀られている聖地に、災いをもたらす考えは必要ないとする考えは、私にも間違いなく伝わってきました。 平和の像『若葉』を訪れた時間が19:43、この日の広島の日の入り時刻が18:45なので、日没後1時間平和記念公園を回っていたことになります。結構非常識な話ですが、それは仕方がありません。そして最初に訪れた喫煙コーナーを経て平和記念ポストへとやってきます。サンフランシスコ講和条約が発効する昭和27(1952)年に広島市で開催された?第4回郵便友の会全国大会?を記念して建立されたもので、戦後日本の主権回復元年にあたる年のことでした。手紙を持つ裸像が乗っているポストはデザインも重みも持ち合わせているものとなっており既に65年の歴史を見てきたことになりますが、今後も広島や日本の発展を見て行くものとなってくれることを期待します。 そして元安川をイサム・ノグチ氏がデザインした?平和大橋?で渡り、元安川沿いに少し南下し、?被爆動員学徒慰霊慈母観音像?へと立ち寄ります。既に19:55となっており、照明のない観音像は、像そのものと碑文がなんとか見える程度の状態であったこともあり、手を合わせてからカメラに収めるものの、写真としては全くわからないものとなってしまいました。この?被爆動員学徒慰霊慈母観音像?は昭和41(1966)年7月31日に(被爆)当時の市内21校旧制中学校・女学校生徒遺族有志の集まりである?被爆動員学徒慰霊慈母観音像奉賛会?によって建立されました。原爆死没動員学徒6,300余名のう身元が判明した4,000余名の名前が各学校別に縦30cm横50cmの銅板性ネームプレートに刻まれてこの観音像の築山内に収められています。そして台座には?観音となりて平和を守りゆく 少年学徒のみたま尊し?と、築山には?慈母観音に 抱かれ眠る汝が姿 心にえがきてわれら安らぐ?という追悼の歌碑が刻まれています。 学徒動員慰霊碑同様、国民学校高等科・旧制中学校・女学校の生徒達は労働力の不足を補うために?学徒動員令?に基づき軍需産業部に於いての勤労奉仕が強制され、空襲による火災の拡大を防ぐための消防道路・防空小空地を造る?建物疎開?に従事していました。そして被爆当日の昭和20(1945)年8月6日には広島市内では133ヶ所の建物疎開作業の後片づけに生徒8,000人以上が出動しており、そして被爆により約6,300人が亡くなりました。やはり志半ばで斃れた子供達の安らぎの場として作られた場所、暗くてわからないでは申し訳なく思い、改めての再訪を願いつつ最後に手を合わせて出発します。 平和大通りを東進し平和記念公園の最寄りは袋町電停なのかも知れませんが、なんとなく呉からのバスで降り立った?中電前電停?へと向かいます。電停付近のローソン広島大手町店で一服し、慣れないと怖い路面電車のホームへと向かいます。ちょうどホームへと出た時に元京都市電1900系1907?銀閣?の車両入線してきました。昭和53(1978)年10月1日に廃止され、広島電鉄へとやって来た1900系車両は15両すべてがまだ現役で走っています。既に廃止から39年が経とうとしている中で元気に広島の街中を走る?元京都市電?には見ていて元気を与えられます。広島に来たときはいつでも会えることを願って、逆方向へと走って行く車両を見送ります。広島電鉄は電車の行き先と目的地が違うとき、乗り継ぎ券を発行して貰い均一料金で乗車することができます。先に入線した700系の横川行きに乗っても紙屋町東電停で乗り換えられるのですが、なぜか田舎者は臆病になってしまい、次の広島駅行きを待つことにします。やって来たのは5100系で愛称は?グリーンムーバーマックス?。なんかネーミングは笑ってしまいますが、国産初のフルフラット超低床電車です。路面電車というよりもは、実家付近を走っているノンステップバスのロングシート版みたいな印象を受けます。連接車ということもあり、比較的揺れは少ないのですが?路面電車?というあまり体験しない?揺れ方?に乗り鉄はちょっと興奮します(笑)。 乗車後約20分で広島駅へと到着し、広島電鉄とお別れします。ただここで広島を甘く見た?しっぺ返し?を受けることになります。ブラブラと駅前を歩いているとすぐに21:00となります。政令指定都市広島!なのでお土産を求めて歩きますがほとんどのお店が21:00閉店だということがわかります。おまけに時間を同じくしマツダスタジアムからカープファンが帰ってきます。折しも今日の試合は敗戦試合、おまけに緒方監督が退場処分となっていることがわかりガラの悪さが目立ちます。一旦お店に入ってしまうと長くなることは聞いていたので、さっさと済ませられる食事場所…、結局今夜の晩御飯は?マックでディナー?となってしまいます。 駅前の広島東郵便局に立ち寄って今回の旅の?秘密兵器?としたかった?写ルンです1600 Hi-Speed?を現像するためにポストインします。その名の通り昭和の?代物?ではあるものの、ISO1600とシャッタースピード1/200、それに加えてストロボ付きという?アナログカメラ?は、昨年6月に沖縄で?壕内部?を撮影した時に効果を発してくれました。今回も平和記念公園が夜間撮影となることを予想していたため、持ち歩いてはいましたが…後日談ではありますがやはり?距離?がある被写体であればあまり効果的でもなかったのが今回の結果でした。 それから駅ビルへと入り、埋まる前の?マクドナルドJR広島駅前店?に立ち寄ります。仕事帰りのサラリーマンが軽食や一服をするためにそれなりの人はいたものの、空席はあることは確認しました。赤いユニフォーム着用は正にカープカラーではありますが、バッティングするのを避けるため、ささっと済ませることにします。確か最近メニューに加わった?グランベーコンチーズ?をチョイス。定番の?ダブルチーズ?とはちょっと違った味でしたが、やはり癖になる味かと思います。ただ店の外を通る赤いユニフォーム姿にはゆっくりする気も起こらず、一息ついて店を出ることにします。 ここから少し悲劇が始まります。この広島駅の構造は初めて利用の私にとってよくわからないところばかりです。南口と北口はおろかある筈の自由通路すら場所がわかりません。おまけに南北も勘違いしており、わざわざ遠回りをして北口まで出てしまい、夜行バスの乗場すらわからない状態…。おまけに駅前はカープ腐女子の行列となり、人混みを避けるように歩いて行った結果の悲劇となりました(泣)。結局はスマホナビを使えば訳ないことがわかり、かなりの大回りをして元の広島東郵便局前に到着し、出発10分前にバス停に到着しました。呉に到着してから25時間、後は大阪経由で帰るのみとなりました。 今年になって夜行バスの利用が増え、行き先の絡みでジェイアールバスの利用が続いていました。今回も広島発の?山陽ドリーム広島2号?の予定だったのですが、たまたま見ていたバスサイトで広島?大阪3列独立シートのバスを3,500円で発見し、急いで手配をしています。夜行バスには大きく分けて?路線バス?と?ツアーバス?がありました。一定の基準を満たすものが路線バスだった時代に?値段の安さ?で市民権を得たのが?ツアーバス?でした。バス停を持つ路線バスに対し、集合場所しかなかったツアーバスの違いは明らかではありましたが、交通費を安く上げたい若者の利用が増加し、その勢いは路線バスの運行をも圧迫。撤退を余儀なくされた会社も少なくはありません。しかしその安易な選択を揺るがす事故が起こりました。平成24(2012)年4月29日に群馬県藤岡市の関越自動車道上り線藤岡ジャンクション付近にて都市間ツアーバスが防音壁に衝突した?関越自動車道高速バス居眠り運転事故?がそれで、乗員乗客46人のうち乗客7人が死亡し2人が重体、12人が重傷、25人が軽傷を負いました。高速道路における単独車両の事故としては前例がない程の死者数であり、この事故を契機に高速ツアーバスは廃止され新高速乗合バスに集約されることになりました。運転士の臨時雇用を含めたバス会社の問題、そして原価を割る金額での旅行会社のバス発注等旅行業界の悪しき習慣から引き起こされた事故であるとも言うことができます。その恩恵を被るべく利用者である?乗客の過失?を追求する声もあれど、少なくとも素人目でわかるような問題ではなく、それを隠して運行していた関連業者すべての問題といっても過言ではありません。また旅行会社の主催旅行中に起こった平成28(2016)年1月15日に長野県軽井沢町の国道18号線碓氷バイパスでのスキーバス転落事故。乗員乗客41名のうち乗員乗客15名が死亡し、乗客26人がけがをしました。運転士のスキルが最大の理由だとされているこの事故も、結局はバスを安く買い叩いていた旅行会社やバス手配をするラウンドオペレーターの?儲け主義?が引き起こしたことには違いありません。しかしこのふたつのバス事故には共通点があり、運転士の判断でルートを変更していた事実があります。大手バス会社でもルートの変更はされますが、ドライバーの判断だけにはならず、必ずバス会社の?運行管理者?の許可のもと変更がされることとなります。もしそれを怠ると道路運送法違反となりドライバーの問題だけではなく会社の問題とされてしまいます。それを踏まえても会社が適当な管理しかしていなかったことは間違いないことであり、死者数を考えても会社が潰れる程度の責任で済まないことだと思います。 これだけのことがあり、バス停を管理しなければならないといった負担がバス会社に課せられることとなり、多くのツアーバス会社が撤退を余儀なくされた中で今なお運行を続けている会社は、そういった面では問題ないと考えたことが、今回のバスの選択に繋がっています。JAMJAM LINER、昔から都市間夜行バスとしては有名な名前ですが、運行会社は日本ユース旅行株式会社となっています。愛知県知事登録第2種免許取得をしている旅行会社ですが、新高速バス乗合バスの基準を満たしているとのことで免許取得されていると考えます。しかし以前のように数を運行することができなくなったこともあり、広島線に投入されている車両は?コンビグレード?のものとなっています。前方に3列独立シート14席、後方に4列シート6列の24席、計38席という変則なシートパターンとなっていますが、客数は限定されるも3列と4列のそれぞれを望む顧客のニーズに応えられるとの理由で、元ツアーバス会社が最近導入しています。その1席をあてがわれ広島を出ると東福山駅前を経由し、篠坂パーキングエリアともう一ヵ所休憩を取って大阪へと向かいます。既にバス車内はカーテンが閉められており、そのまま寝てしまっても睡眠の妨げにはならないようにされています。4列シートは結構混んでいたようですが3列は一列ひとりのパターン。3Dの3列目運転席側の席について、シートのコンセントでiPhoneを充電します。ドライバー氏曰く東福山までも消灯するとのことだったのでスマホいじりも遠慮し、22:15、出発時間となった広島駅をゆっくりとバスは出発します。いろんな旅行客の想いを乗せて…。 1時間半ほどで東福山駅へと到着し、数人の乗車受付をして出発します。日が変わった0:13、岡山県笠岡市の篠坂パーキングエリアに到着しトイレ休憩が取られます。ふと気づいたことがバスにはトイレがついていないことでした。どうやらトイレスペースを座席化していることは想像できますが、そのため2ヶ所のトイレ休憩が設けられています。私が学生の頃はトイレ付き夜行バスでもトイレ休憩がありました。現在では乗務員の仕事を減らすため大手のバス会社でワンマン運行しているところでは、乗務員の仮眠中は下車することができなくなっています。とは言え何もないパーキングエリアでは一服することしかできません。出発は0:35となってはいましたがさっさと戻ってきて、寝る準備をします。間もなく出発すると完全消灯となり、真っ暗闇の車内となりました。もう1ヵ所停まるはずですがそれよりもう起きていられません。気がついたら寝ていたようです。弾丸呉・広島ツアーを何とか遂行させた満足感に抱かれてzzz…そしてバスは西へと走って行きます。 平成29年4月20日木曜日 到着のアナウンスで目が覚めました。間もなく梅田とのコール。カーテンが閉まっているので外の様子はわかりませんが、信号で停まったりしているのですでに一般道に下りているようです。バックギアに入れる振動で到着を知ります。6:05到着、梅田といっても中津モータープールなので歩くと結構距離があります。バスを降りて荷物を受け取りに行きます。センダーと呼ばれる乗車と下車の案内をするスタッフはいるものの、荷物の出し入れはドライバーの仕事のようです。昨夜高速のインターでのやり取りに一抹の不安はありましたが、まあよく寝て大阪まで帰って来られたことと値段のことを考えれば良き旅だったとすることにします。リュックひとつの荷物では揉めることもありませんが、中にはキャリーバックのハンドルが壊れたのどうのこうの…と言っている人もいました。そのあたりは免責であることはチケットを購入する際に記載されているので、そういう場合は旅行保険の携行品補償に入っておくしかありません。とゴタクを並べている間はなく、さっさと敷地から追い出されます。6:00台というと各方面から大阪行きのバスラッシュの時間でもあり、うろうろすると危険なのでしょう。しか?しここで田舎者の悲しい性が出てしまいます。つまり?方向?がわかりません(泣)。誰かにくっついていけばいいと思っていたら、ほとんどは阪急に乗って行くようでその後は独力で行くしかありません。といっても頭はまだ睡眠中ゆえ閃くものもなくただトボトボと歩いて行くとようやく?Whity梅田?の表示を見つけます。やっと元気になるとお腹が減ったことに気付きます。なぜかそのまま歩いて行って北新地を越え、四ッ橋筋へと上がってきます。途中コンビニの灰皿を見つけて一服。そして以前にも来たことのある?吉野家桜橋店?へと向かいます。朝から元気なお兄さんたちは、昨日の夜から働いていたと見えるホストのよう。その目を見張る食欲に唖然としながら負けじと納豆定食大盛りを注文します。昨日のマックだけではさすがに持たなかった…、そんなこともあってかガッツいて食べてしまいました。そして完食し、満足?っと思った瞬間現実に引き戻されます。?帰らないと…?ということに。でもここまで来ればもう大丈夫、苦手な地下を避けて地上を歩き、大阪駅へとやってきます。大阪へと出勤して来るにはまだ早い時間、京都方面の快速が先に入線してきたので座れることを願って乗車します。案の定新大阪を過ぎたあたりで座ることができましたが、そうすると物凄い眠気が襲ってきます。快速といっても米原行き、寝過ごすと致命傷になります。なので眠いのを必死で我慢して起きたまま京都へと到着。さすがに8時台、乗下車ともに結構な数でした。でも後15分では寝る訳にも行きません。ひとつ…ふたつ…とトンネルを越えるとそこは南近江の国、その3つ目の乗降客数だけで?南近江の国首都駅?と称してるただの田舎駅に到着。行きと同様馴染みの駅前のファミマに立ち寄り、タバコを購入。禁煙化された場所をスルーして、仕事帰りの一服ステーションで一服を済ませると、田舎の赤バスを待ちます。迎えに来てくれたら…なんて思いますが、あくまでプライベートな旅ゆえそこまでは言えません。どうやらバス停には高校生らしい集団の存在がありました。多分頭の良い学校は始まっている時間なので多分我が家最寄りのバス停の次にある定時制か…ということはすぐにわかったため、ちゃっちゃとバスに乗る準備をしておきます。8:40発バイパス経由のバスは、田舎だけれど国道の迂回路化している我が町の渋滞にあって早着とまではいかなかったもののほぼ時間通りにド田舎バス停に到着。我が家への道程を歩きながら、出発時には桜が咲いていた若木も、47時間で花が散っていることを知ります。桜には本当に縁がないことを知っている私にとって落ち込むまでもありません。そして再び歩くこと数分で我が家に到着。47時間で試験を受けて呉まで行って、必死で呉を歩いたと思ったら広島へと移動。日暮れとの時間の時間の戦いをしながら歩いた旅は、こうして無事終わりを告げました?。ちなみに…なのですが、夜行バスで帰ってきたらまずはひと寝りというのが普通ですが、普通の旅をしない私にとってこの後は仕事です。9:00に帰って来て12:30に出勤し、21:00に帰って来ることは果たしてできたのでしょうか(笑)。 長文にお付き合い頂きましてまことにありがとうございます。これにて?《April.2017》あみんちゅ試験・移動・そして学びの旅その??広島平和記念公園散策・そして淡海へ編??は終わります。
広島県の写真
広島県の旅行記 敢えて今回ツアーバスを利用した理由はこの値段にありま...
広島県の写真
広島県の旅行記 中電前バス停で下車し、平和大橋を渡りました。
広島県の写真
広島県の旅行記 平和記念公園の最初の訪問地は平和の塔でした。
広島県の写真
広島県の旅行記 時間切れで入れなかった平和記念資料館です。
広島県の写真
広島県の旅行記 平和監視時計。 広島に原爆が投下されてから26...
広島県の写真
広島県の旅行記 時間の読みが甘かった・・・。
広島県の写真
広島県の旅行記 平和記念公園の地図を写メっておきますが、はっきりわか...
広島県の写真
広島県の旅行記 元安橋。爆心地から最も近い橋でした。
広島県の写真
広島県の旅行記 元安桟橋。元安川桟橋とも言います。 アクアネッ...
広島県の写真
広島県の旅行記 動員学徒慰霊塔へとやってきました。
広島県の写真
広島県の旅行記 (6)動員学徒慰霊塔。 ?第二次世界大戦中増産...
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームへとやってきました。
広島県の写真
広島県の旅行記 最後に原爆ドームとたかティムさん。
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。相生...
広島県の写真
広島県の旅行記 (1)旧相生橋碑。
広島県の写真
広島県の旅行記 ?鈴木三重吉文学碑。 広島出身の小説家であり児...
広島県の写真
広島県の旅行記 相生橋の碑。
広島県の写真
広島県の旅行記 相生橋の碑。
広島県の写真
広島県の旅行記 再び原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。世界...
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。慰霊...
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 爆心地・島病院(原爆被災説明板)。
広島県の写真
広島県の旅行記 広島市内の繁華街のひとつ紙屋町。
広島県の写真
広島県の旅行記 相生橋からの元安川の景色。 きれいな景色が広が...
広島県の写真
広島県の旅行記 南北に架かる相生橋連絡橋。 これを渡って平和記...
広島県の写真
広島県の旅行記 (9)平和の時計塔。
広島県の写真
広島県の旅行記 (11)平和の鐘。
広島県の写真
広島県の旅行記 このアングルはよくガイドブックに載っていますが、この...
広島県の写真
広島県の旅行記 (7)原爆の子(佐々木禎子)の像。 ?これはぼ...
広島県の写真
広島県の旅行記 (35)平和の灯。 背景の平和記念資料館の照明...
広島県の写真
広島県の旅行記 (34)平和祈念像(草野心平の詩碑)。 さわや...
広島県の写真
広島県の旅行記 (33)原爆死没者慰霊碑(広島平和都市記念碑)。 ...
広島県の写真
広島県の旅行記 (36)祈りの像。 ?平和を祈り 御霊を鎮めん...
広島県の写真
広島県の旅行記 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館。 原子爆弾死...
広島県の写真
広島県の旅行記 (28)嵐の中の母子像。
広島県の写真
広島県の旅行記 (18)原爆犠牲国民学校教師と子どもの碑。
広島県の写真
広島県の旅行記 (19)平和の像『若葉』・湯川秀樹歌碑。 19...
広島県の写真
広島県の旅行記 平和記念ポスト。
広島県の写真
広島県の旅行記 平和大橋西詰。
広島県の写真
広島県の旅行記 そして平和大橋東詰を通って・・・。
広島県の写真
広島県の旅行記 (47)被爆動員学徒慰霊慈母観音像。 ここに祀...
広島県の写真
広島県の旅行記 すっかり陽が落ちた中電前電停にやって来ました。
広島県の写真
広島県の旅行記 元京都市電1900系が入線し・・・。
広島県の写真
広島県の旅行記 出発して行きました。
広島県の写真
広島県の旅行記 中電前電停の様子。
広島県の写真
広島県の旅行記 700系横川駅行きが入線して来ましたが、次の広島駅行...
広島県の写真
広島県の旅行記 中電前?広島駅前電停までは5100系に乗って来ました...
広島県の写真
広島県の旅行記 夜の広島駅は結構不便です。21:00を過ぎるとお土産...
広島県の写真
広島県の旅行記 駅前の広島東郵便局に立ち寄って旅行貯金をします。
広島県の写真
広島県の旅行記 グランベーコンチーズです♪
広島県の写真
広島県の旅行記 試合に負けたカープファンに押されて、晩ごはんは?マッ...
広島県の写真
広島県の旅行記 短かった今回の滞在時間も終わりに近づき、広島駅南口バ...
広島県の写真
広島県の旅行記 JAMJAMエキスプレスJX522便大阪・USJ行き...
広島県の写真
広島県の旅行記 最近流行りの三列・四列のコンビシート。前方の14席が...
広島県の写真
広島県の旅行記 東福山駅で乗車の取り扱いをした後、日付が変わってから...
広島県の写真
広島県の旅行記 いつの間にか爆睡してしまい、中津モータープールに到着...
広島県の写真
広島県の旅行記 朝食の定番?納豆定食大盛り?です♪
広島県の写真
広島県の旅行記 一度来たことのある吉野家桜橋店に立ち寄ります。
広島県の写真
広島県の旅行記 そして大阪駅へと向かい、快速米原行きに乗車して、一路...
広島県の写真
広島県の旅行記 快速だと54分で南淡海の国の首都駅に到着します。平日...
広島県の写真
広島県の旅行記 仕事・学校へと向かう人を尻目に、一旦帰宅します。
広島県の写真
広島県の旅行記 8:53にど田舎バス停に到着します。
広島県の写真
広島県の旅行記 日頃の行いいい天気(笑)♪
広島県の写真
広島県の旅行記 さすがに桜の花は散っていました。8:58に無事自宅に...
広島県の写真
広島県の旅行記 (1)旧相生橋碑。 中央部の石碑右側が初代相生...
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 被爆動員学徒慰霊慈母観音像へとやって来ました。
広島県の写真
広島県の旅行記 爆心地・島病院(原爆被災説明板)。 当時の島病...
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 原爆ドームを反時計回りに回って行きます、その?。
広島県の写真
広島県の旅行記 今日は緒方監督が退場の上、試合に負けたので・・・。カ...
広島県の写真
広島県の旅行記 カープファンがちらほら見えてきたので、食事を急ぎます...
広島県の写真
広島県の旅行記 夕暮れの相生橋、東西の併用橋。

旅行のクチコミサイト フォートラベル
広島県  歴史・文化・芸術 の旅行記


アウトドア・スポーツ体験 /  イベント・祭り・花火 /  エンターテイメント・テーマパーク /  クルーズ /  グルメ /  ゴルフ /  ショッピング /  スポーツ観戦 /  ドライブ・ツーリング /  ビーチ・島・リゾート /  マリンスポーツ /  温泉・エステ・癒し /  家族・子連れ・バリアフリー /  花見・紅葉 /  寺社・札所めぐり /  自然・動物 /  出張 世界遺産・遺跡 /  鉄道・乗物 /  登山・ハイキング /  夜景 /  歴史・文化・芸術 /